令和初の台風3号はいつ来るの?予想進路図や注意報の情報紹介!

令和初の台風3号が発生する可能性が高いと気象ニュースが伝えています。

 

令和初の台風は日本にいつ来るのでしょうか?

 

沖縄、奄美、九州、四国の雨量や強風や高波の影響も気になります。

 

令和初の台風3号とは何で接近や上陸するのはいつか、最新の予想進路図や注意報や警報の情報を調べてみました。

スポンサーリンク

令和初の台風3号とは

 

2019年は平成が終わり5月1日から令和の新時代が始まりましたね。

 

2019年の台風は1号が1月に発生し、 2号が2月に発生しています。

 

そのため今回沖縄の南にある熱帯低気圧が台風に変われば、台風3号が令和の時代初の台風となります

 

新時代の令和初の台風というと、特別な感じがしますね。

 

でも台風の発生はあまり嬉しいことではありませんね。

 

今回の熱帯低気圧が台風に変わって令和初の台風になっても、被害が小さく過ぎていくことを祈りたいですね。

 

【追記】関東や近畿や西日本の台風接近については「台風3号( 2019年)の接近や上陸はいつ?関東や近畿や西日本で令和初の発生か」の記事に最新の情報を書いています。

 

G20大阪サミットの台風の影響も気になりますね。G20大阪サミットの詳細は、「G20大阪サミットのスケジュールや交通規制とは?台風の影響はあるか調査!」の記事を読んでくださいね。

 

スポンサーリンク

令和初の台風3号はいつ来るの?

 

 

2019年6月26日の午前9時頃のニュースでは、沖縄の南側には熱帯低気圧が発生したと伝えていました。

 

この熱帯低気圧は24時間以内に台風になる可能性があるとのことです。

 

予想通り行けば26日の夜に沖縄本島に近づく見込みとなっています。

 

そのまま北上して27日の夜に西日本の太平洋側に近づいて来ると予想されています。

 

2019年6月27日は木曜日ですね。

 

台風の速度によれば、週末に上陸するということも考えられますね。

 

屋外のイベントなどがある場合は、開催がどうなるのか情報収集しておくほうがよさそうですね!

 

スポンサーリンク

令和初の台風3号の予想進路図を紹介

 

 

ツイッターにいろいろな人が令和初の台風3号の進路予想図などを載せてくれています。

 

台風の進路予想図を見ることができるので助かりますね。

 

日本海側に梅雨前線が停滞して梅雨末期のような大雨が続くとの見方もあります。

 

 

NHKがあすまでに熱帯低気圧が台風に変わるかもしれないと伝えていますね。

 

台風の中心でなくても雨が降ることがあるので気を付けておきたいですね。

 

スポンサーリンク

令和初の台風3号による注意報の情報は?

 

 

ツイッターの画像によれば、沖縄の空はどんよりと曇っていますね。

 

令和初の台風3号による注意報や警報が出ているのか気になって、気象庁のホームページを覗いてみました。

 

2019年6月26日の午前10時45分現在、すでに土砂災害警戒情報や大雨注意報や洪水注意報などの注意報が出ている地域もありました。

 

とくに沖縄や奄美や九州や四国や中国地方は注意報で黄色くなっている地域が多いです。

 

注意報が発生が台風3号の影響かどうかはわかりませんが、今後の台風の動きに注意しておきたいですね。

 

台風の情報は変更になることが多いので、最新の注意報や警報の情報はニュースや気象庁の公式サイトなどで確認してくださいね!

 

【追記】関東や近畿や西日本の台風接近については「台風3号( 2019年)の接近や上陸はいつ?関東や近畿や西日本で令和初の発生か」の記事に最新の情報を書いています。

 

G20大阪サミットの台風の影響も気になりますね。G20大阪サミットについては、「G20大阪サミットのスケジュールや交通規制とは?台風の影響はあるか調査!」の記事に書いています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ニュースなどで沖縄の南側にある熱帯低気圧が、24時間以内に台風に変わる可能性があると伝えられています。

 

台風が発生すれば、令和初の台風3号になります。

 

注意報が出ている地域もあるので早めに対策をしておくほうが安心ですね。

 

最新の台風情報はニュースや気象庁の公式サイトで確認してくださいね。

 

大きい影響が出ずに令和初の台風3号が去ってくれることを願いたいですね。

 

令和初の台風3号についてのまとめページを作成しています。

以下のリンクから気になる記事がありましたら、ぜひ見ていってください。

令和初の台風3号についての記事まとめへ