郵便料金の値上げはいつから?2019年の定形外や速達やミニレターの変更後をチェック

郵便料金 変更 2019 新料金 定形外 速達 ミニレター レターパック

2019年の途中で郵便料金の変更がおこなわれることになっていますね。

 

消費税が10%になるため、郵便料金も新料金になるのですね。

 

郵便料金の値上げはいつからで、2019年の定形外や速達やレターパックやミニレターの変更後の新料金はいつからどうなるのか調べてみました。

スポンサーリンク

通便料金の値上げはいつからか紹介!

 

 

郵便局のサイトによれば郵便料金は2019年10月1日㈫から変更になるということです。

 

消費税率が改正になるのが郵便料金変更の理由ということです。

 

10月からは生活に必要なものが値上げになっていくので困りますね。

 

郵便料金はいったいどれくらい値上げになるのか気になりますね。

 

スポンサーリンク

郵便料金の値上げで定形外や速達も値上げ!

 

普通はがき・定形外

 

2019年10月からは、定形外が速達やミニレターやレターパックの郵便料金も値上げになるということです。

 

定形郵便物は25g以内の場合、現在の82円から84円に変更になっています。

 

通常はがきの場合は62円から63円に変更になっています。

 

重さごとの詳しい郵便料金が掲載されていたので紹介しておきますね。

 

 

郵便料金の変更は2019年10月1日からので注意してくださいね。

 

速達

 

郵便料金の変更に伴い速達の料金も値上げになっています。

 

速達は9月30日までは280円で、2019年10月1日以降は290円となっていますね。

 

速達の郵便料金は10円値上がりになるというわけですね。

 

スポンサーリンク

郵便料金の値上げでレターパックも変更!

 

レターパック

 

 

レターパックは便利なので使っている人も多いですよね。

 

レターパックも郵便料金が変更になるので、気を付けてくださいね。

 

レターパックプラスは2019年9月30日までは510円で、10月1日以降は520円となっていますね。

 

レターパックライトは2019年9月30日までは360円で、10月1日以降は370円となっています。

 

それぞれ10円ずつ郵便料金が値上がりになる予定ですね。

 

ミニレター

 


ミニレターとは便箋と封筒が一体になっているものですね。

 

 

ミニレターの郵便料金は2019年9月30日までは62円で、10月1日以降は63円となっています。

 

はがきと同じ料金ですが、ミニレターは写真やメモの薄いものは重さが越えなければ同封できるので便利です。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

2019年10月1日から郵便料金が変更になります。

 

消費税増税に伴って郵便料金も値上がりするということです。

 

10月以降は、郵便物をポストに入れるときは、郵便料金を間違えないように気を付けたいですね。