【話題】千葉雄大と成田凌が似てる!インスタ画像≫

5G/6Gとは何か簡単な言葉でわかりやすく!いつからかも紹介!

5G 6G

2020年のあさチャン!で今後始まる「5G」「6G」についての特集がありました。

5G、6Gが開始になると、できることが増えて生活がより便利になるそうですね。

5Gとは何か、いつから使えるようになるのか、番組の内容をわかりやすくまとめてみました。

さらに6Gについて通信がいつ開始される予定なのか、日本でできるようになることも説明があったので書いています^^

 

スポンサーリンク

 

5Gとは何かわかりやすく説明

 

5Gについて簡単に説明すると…

  • 読み方は「ファイブジー」「ゴージー」など
  • 5Gとは「第5世代移動通信システム」の略称
  • 通信速度は現在の4Gの約20倍

5Gが始まる時期は2020年春からで、3月から開始の予定だそうです。

5Gの大きな特徴は「通信速度が速くなる」ということで、

たとえば現在の4Gではテレビ電話の映像が少しずれて届くのですが、5Gになると時間差がほぼなくなりスムーズに相手の映像がみられるようになるそうです。

4Gから5Gへ変わり、生活がどんどん便利になっていきますね。

 

スポンサーリンク

4Gまでの時代とは?

 

5Gより前の1~4Gはどうだったのかな?と少し振り返ってみます。

  • 1G …1980年代は『携帯電話』が登場した時代。ショルダー型の携帯電話が販売されたころです。
  • 2G…1990年代は『PHS』が使われていた時代。着信音が変えられたのが画期的でした(笑)
  • 3G…2000年代は『FOMA』の時代。二つ折りの携帯電話が流行しましたね^^

2010年代は『4G』の通信システムでスマホや家電など連動させて生活していますね。

2020年春から4Gから5Gへと通信速度が変化すると、私たちの暮らしは激変すると言われています。

 

スポンサーリンク

5Gで何ができるようになる?

 

5Gでは、いったい何ができるようになるのでしょうか…?

ロボットの動作がスピーディーに

番組では卓球をするロボットが紹介されていました。

相手の動きや球の速さなどのデーターを、5GでAIロボットへ送信し。AIが瞬時に解析し球を打ち返すというシステムです。

卓球の球はかなり動きが早いですが5Gの高速通信なら一瞬で送ることができるのですね。

この卓球ロボットを活用すれば、初心者などのコーチングも簡単にできるということでした。

動画ダウンロード時間の短縮

4G⇒5Gになると、ダウンロードの時間も少なくなります。

現在の4Gでは、2時間の映画をダウンロードするのに約60秒かかるということですが、

それが5Gになると、たったの3秒でダウンロードが終わるというので驚きますよね!

動画も今よりサクサク見ることができるそうです。

遠隔操作の距離が長くなる

5Gになると、約60㎞離れていてもほとんどずれることなく遠隔操作ができるそうです。

なので60㎞離れた場所に置いているロボットや車を手元で操作するということも可能になるそうで、

災害時の危険区域でロボットを使った遠隔操作や、高齢者の運転などにも活用できるそう。

かなり便利な世の中になりそうですね。

そのほか、5Gを使った対戦ゲームでは、音や映像だけでなく『衝撃』の感覚も伝えることができるというのをやっていました。

 

離れている友達とリアルなゲームが楽しめることになりそうです。

 

スポンサーリンク

すでに6Gの開発も進んでいる

 

6Gとは何かというと、今の100倍の速度を実現できる通信ということで、すでに研究が進んでいるそうです。

6Gで具体的に何ができるのかというと、

東京にいる医師が立体映像を触って、離島の患者を触診できると番組内では紹介していましたね。

離島にはセンサーのついたロボットを置いておき、東京の医師は自分の前に写っている患者の画像を見ながら触診するということで、

 

6Gを使った通信では、体温鼓動などの五感が医師に伝わるという信じられないことが可能になるそうです。

6Gはいつから使えるかという時期については、10年後の導入が予定されているとのことでした。

2020年春に予定されている5G以降もどんどん開発が進んでいきそうですね^^