給付金の2回目はいつから申請?支給額はいくらで対象は?

スガノミクスとして期待されていた2回目の定額給付金支給。

自民党議員の要望を受け取った菅義偉首相は「がんばる」といったとのこと。

  • 給付金の2回目はいつ決まる?申請はいつから?
  • 給付金の支給額は5万・10万・15万円のどれ?

今回は2回目の給付金について情報をまとめました。

スポンサーリンク

 

給付金の2回目はいつ決まる?

2020年10月14日、総理大臣の菅さんは自民党議員の長島昭久さん・武部新さんに会ったそうです。

2人から「国民一律5万円の定額給付金支給など追加経済対策をしてほしい」という要望書を受け取ったとのこと。

菅義偉首相は14日、自民党の長島昭久、武部新両衆院議員らと首相官邸で会い、国民一律5万円の定額給付金支給を盛り込んだ40兆円規模の追加経済対策などを求める要望書を受け取った。

(引用元:https://www.fnn.jp)

給付金の2回目、今は要望書を受け取った段階ということ。

給付金をいつもらえるのか?振り込みはいつしてもらえるのか?など気になるという声も多いですが、まだ正式には決まっていないのですね。

コロナ対策の1回目の給付金。

安倍さんのときは、決定から振り込みまで2カ月くらいかかったかなと思います。

配布時期は来年では?との見方も出ていました。

 

スポンサーリンク

給付金の2回目の金額はいくら?5万円・10万円・15万円のどれ?

ニュースで「国民一律5万円の定額給付金支給を盛り込んだ」と報じられたこともあり、2回目の給付金の金額について

  • 5万円
  • 10万円
  • 15万円
  • 25万円

支給額はいくら?という声が出ていました。

どの金額が本当なのでしょうか?

細野豪志議員のツイッター投稿によると

「正確には5万円は二次補正の予備費からの給付、三次補正も合わせると15万円の給付を提案した」とのこと。

所得などの制限はあるのか?対象者は誰なのか?なども気になりますね。

※情報があれば追記します。

 

スポンサーリンク

世間の声は?