べしゃり暮らしのあらすじやロケ地は?演出は劇団ひとりが担当!

大人気の青春漫画「べしゃり暮らし」 が初めて映像化されることになりました。

 

間宮祥太朗さん&渡辺大知さんのコンビが送る笑いあり涙ありの青春物語。

 

漫才の演出は現役お笑い芸人の劇団ひとりさんが担当しています!

 

ドラマ「べしゃり暮らし」のあらすじやロケ地が気になりますね。

 

キャストや原作や脚本も合わせて紹介していきます!

スポンサーリンク

べしゃり暮らしのあらすじ

 

べしゃり暮らしのあらすじを紹介しますね。

 

人を表すことが大好きな上妻圭右の学校に、元プロ芸人の辻本潤が転校してきます。

 

上妻は「学園の爆笑王」と言われていたので、初めは元プロ芸人の辻本に対してライバル心を抱いていました。

 

2人は嫉妬してぶつかり合うことも多かったのですが、次第にお互いの才能や熱意を認め合うようになっていきます。

 

そして上妻と辻本の2人は、人間的にも成長しながら漫才コンビを結成していくという青春ストーリーになっています。

 

2人のコンビ名は「きそばオートマティック」といいます。

 

「きそば」というのは上妻の実家のお店の名前です。

 

上妻の両親はそば屋を経営しているのですが、母が過労で亡くなり、姉が父を支えています。

 

父は上妻のお笑いに反対しているので、度々ぶつかるシーンも出てくるようです。

 

「べしゃり暮らし」は、上妻と辻本が結成したコンビの成長を追いながら、家族や友情などの人間模様を書いた青春の物語です。

 

スポンサーリンク

べしゃり暮らしのキャスト紹介

 

 

 

主役の上妻圭右は間宮祥太朗さんが演じています。

 

間宮祥太朗さんのプロフィールを紹介します。

 

間宮さんの生年月日は1993年6月11日、 神奈川県出身。

 

数々のドラマや映画に出演されている注目の俳優さんです。

 

NHKの朝ドラ「半分、青い。」では、 永野芽郁の夫役として出演していました。

 

今人気急上昇の映画「翔んで埼玉」にも出演しています。

 

 

漫才コンビの相方、辻本 潤役を演じるのは渡辺大知さんです。

 

辻本潤は大阪から引っ越してきた高校生で元プロのお笑い芸人という設定です。

 

圭右の笑いにかける情熱に揺さぶられて漫才コンビ結成していきます。

 

渡辺大知さんは、ちょうど兵庫県神戸市の出身なので関西育ちの本 潤の役にぴったりですね!

 

 

圭右の親友である子安 蒼太(こやす そうた)は矢本悠馬さんが演じています。

 

間宮さんと矢本さんは、プライベートでも本当に仲がよくて親友なんだそうですよ。

 

お誕生日の写真も隣に映っていて楽しそうですよね!

 

「半分、青い。」のドラマでも共演されていたので、そのときに仲良くなったのかもしれませんね。

 

 

 

圭右の父は寺島進さんが演じています。

 

母は篠原ゆき子さん、姉は徳永えりさんが演じています。

 

 

スポンサーリンク

べしゃり暮らしのロケ地

 

べしゃり暮らしがどこで撮影されているのか、ロケ地が気になりますよね。

 

これは体育館で撮影された画像です。

 

 

エキストラの方たちと撮影会は楽しそうですね!

 

撮影はどこの学校で行われたのでしょうか?

 

 

体育館の内部がきれいなので、比較的新しい学校ですね。

 

エキストラの募集要項には撮影が4月中旬~6月中旬で、場所は都内や関東近郊と書いていました。

 

はっきりとした場所はわかりませんが、撮影はきっと東京や関東地域ですね。

 

 

こちらの写真では撮影現場(学校?)の屋上からは、東京タワーが見えています。

 

 

こちらは地下鉄の駅の入口でしょうか?

 

学校以外の場所でも撮影が行われていますね!

 

 

最近の学園ドラマといえば、「3年A組 今から皆さんは人質です」や「俺のスカートどこいった」があります。

 

3年A組に出てくる魁皇高校のロケ地は埼玉の旧小川町立上野台中学校でした。

 

 

俺スカに出てくる豪林館学園高校は千葉県の和洋国府台中学校の旧校舎でした。

 

どちらもロケに使った学校は、現在は使用していない学校です。

 

このことから考えると、べしゃり暮らしのロケ地も現在は使われていない学校で撮影をしている可能性が高いですね。

 

スポンサーリンク

べしゃり暮らしの原作・脚本・演出は?

 

 

原作

 

ドラマ「べしゃり暮らし」の原作は、人気漫画家の森田まさのりさんの最新作です。

 

単行本累計7500万部以上の超人気の漫画なのです!

 

森田さんは「この作品を書くために漫画家になった」というほど強い想いがこもった作品です。

 

脚本

 

べしゃり暮らしの脚本は徳永富彦さんが書いています。

 

徳永さんは、あの有名な水谷豊などが出演していた「相棒シリーズ」の脚本スタッフの一人でもあります。

 

また徳永さんは漫画のストーリーを担当する漫画原作者でもあるので、今回の脚本も楽しみですね!

 

演出

 

 

べしゃり暮らしの演出は、現役お笑い芸人の劇団ひとりさんが担当しています。

 

間宮さんは漫才指導に対して「段取りやテストもなく、練習が少なくて不安!」とコメントしています。

 

劇団ひとりさんは「あえて あまり練習をしない演出」をしているそうなので、本番でのアドリブがおもしろい漫才をするコツといえますね!

 

番組の中での2人の漫才に注目ですね。

 

演出は劇団ひとりさんが全話担当しているので、間宮さんと渡辺さんの2人の演技がどのように仕上がっていくのかワクワクしますね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

人気漫画が原作のドラマ「べしゃり暮らし」について紹介しましたがいかがでしたか?

 

間宮祥太朗さんと渡辺大知さんの演技指導は、芸人の劇団ひとりさんがしています。

 

どんなネタで漫才をするのか、考えるだけで期待が膨らみますね!

 

ロケは都内や関東地域で行われています。

 

校内のロケは、現在は使っていない校舎で撮影している可能性も高いですね。

 

べしゃり暮らしは家族や友情の青春ドラマで、2019年7月27日から始まります。

 

放送は毎週土曜日の23:15~24:05です。

 

ライバル心を燃やしていた間宮祥太朗演じる圭右と渡辺大地演じる辻本のコンビが、どのようになっていくのかドラマの展開が楽しみです!

 

2019年の夏ドラマについてのまとめページを作成しています。

以下のリンクから気になる記事がありましたら、ぜひ見ていってください!

2019年の夏ドラマについての記事まとめへ