BOOWY(バンド)のメンバー!プロフィールや人気曲について調査

BOOWYの解散から31年ぶりに、元メンバーが集まってレコーディングをしたというニュースがありました。

 

昭和の時代からBOOWYの曲はとっても流行っていましたね~。今でもカラオケでよく歌われる伝説のグループ。

 

今回は、気になるBOOWYのメンバーのプロフィールや人気曲について調査しました!

スポンサーリンク

BOOWYのメンバー紹介

 

氷室京介(ひむろ きょうすけ)

 

BOOWYのボーカル、氷室京介さん。1960年10月7日生まれのO型で、出身地は群馬県高崎市です。

 

BOOWY解散後の1998年7月に「ANGEL」というシングルでソロデビューし、数多くのアルバムをリリース。

 

氷室さんのクールなルックスと広い音域の歌声、ライブ中のパフォーマンスは本当にかっこいい!

 

その時代から多くのバンドのお手本になっています!

 

氷室さんは家族とアメリカ(ロサンゼルス)に移住し、現在も国内外で音楽活動を続けられていましたが、耳の難聴を理由に2016年ごろから活動を休止しているようですよ。

 

 

布袋寅泰(ほてい ともやす)

 

BOOWYのギターリスト、布袋寅泰さんも、群馬県高崎市出身です。

 

氷室さんより2歳年下。生年月日は1962年2月1日のB型です。

 

BOOWY解散後はソロ活動や、吉川晃司さんとユニットを組み活動していましたが、1990年ごろからは二人での活動を休止し、ソロで活動しています。

 

布袋さんは現在、ロンドン在中ですが日本の映画の主題歌をリリースしたりCMなどに出演したりしています。

 

元妻は山下久美子さん。現在の奥さんは歌手で有名な今井美樹さんです。

 

 

高橋まこと(たかはし まこと)

 

BOOWYのドラム担当、高橋まことさんです。福島県出身で生年月日は1954年なので、布袋さんより8歳年上ということになりますね。

 

ビートルズやリンゴ・スターの影響を受けてドラムを始めたようです。トレードマークのサングラスは、氷室さんから勧められたともいわれています。

 

年上でも年齢差が感じられないくらい仲がよさそうにみえますね。メンバーの不仲説もありますが、数々の伝説を気づいてきた仲間だから絆は強かったのはないでしょうか。

 

 

松井 常松(まつい つねまつ)

 

BOOWYのベース担当、松井 常松さん。本名は松井 亘二(まつい こうじ)。

 

福島県出身で生年月日は1960年なので、氷室さんと同級生です。松井さんと氷室さんは同じ小学校、中学校で共に遊んだり学んだりした仲間だそうです

 

氷室さんと布袋さんがバンドを結成するときにメンバーに加わったようなので、氷室さんと信頼関係があったのですね!

 

スポンサーリンク

BOOWYの人気曲

 

BOOWYの曲は1981年の結成から解散までたくさんの曲を残しています。リズムが取りやすく耳に残る曲が多いのがBOOWYの特徴の1つですね!

 

ONLY YOU

 

この曲はとても流行っていたので、BOOWYに詳しくない人でもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

1986年のアルバム「BEAT EMOTION」に収録されています。筆者もこの曲はついつい口づさんでしまう、大好きな曲です!

 

 

わがままジュリエット

 

1986年のアルバム「JUST A HERO」に収録されています。

 

この曲もかなり有名。スローテンポなBOOWYの曲も魅力です。

 

 

MARIONETTE-マリオネット-

 

MARIONETTE-マリオネット-は、6枚目のシングル。作詞は氷室さん、作曲は布袋さんという最強曲です。

 

1987年8月のオリコン月間シングルチャート1位になり、今でもカラオケでよく歌われています!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

31年ぶりにBOOWYのメンバーが集まったというニュース。収録曲は「Thanks a Lot」なので感謝の気持ちをのせた曲ということになりそうですね。

 

ロンドンでレコーディングするとのこと。かっこよすぎます!今回、氷室さんは加わっていないようですが、3人のタッグが楽しみです!