【話題】千葉雄大と成田凌が似てる!インスタ画像≫

忘年会スルーの意味とは?シーズンはいつ?NHKニュースの特集も紹介

忘年会

NHKの特集でも紹介された「忘年会スルー」という言葉が話題です。

 

「忘年会スルー」とは何でどのような意味なのでしょうか?

 

また「忘年会スルー」のシーズンでピークはいつかも調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

忘年会スルーの意味とは何?

 

 

年末の恒例イベントとなっている忘年会ですが、今年は「忘年会スルー」という言葉がSNSなどで話題になっています。

 

「スルー」とは本来「通り抜ける」という意味で、「スルーする」というと「言葉を聞き流す」という意味、またLINEの「既読スルー」と使われることもありますね^^

 

忘年会スルーというのは新しい言葉で、「忘年会に行きたくない」「気にしない」という意味で使われているようです

 

忘年会の幹事が「忘年会スルー」というと、忘年会自体を開催したくないという意味にもなるみたいですね。

 

小さい子どもを持つ主婦が多い会社の場合は、夜の忘年会を「スルー」して、お昼休憩に「ランチ忘年会」を開く企業もあるのだとか。

 

忘年会というと「夜に飲み会を開く」という意味でしたが、今はお酒ではなくコミュニケーション重視の忘年会に変わってきているようです。

 

スポンサーリンク

忘年会スルーの意味、NHKニュースの特集とは?

 

 

忘年会でお酒を飲むと「普段できない話ができる」「忘年会は大切なイベント」という意見も多い中、最近は忘年会をスルーしたい、行きたくないという声もあがっています。

 

NHKニュースの特集では、「#忘年会スルー」での投稿や最近の飲み会事情を紹介していました。

 


「忘年会スルー」という言葉が流行った背景には、「時間とお金を会社の忘年会以外のものに使いたい」と思っている人が、SNSの普及により共感していったと考えられているそうです。

 

「忘年会が苦にならない」「楽しみにしている」という声もあると思いますが、現代のストレス社会では一刻も早く家に帰ってくつろぎたいというのが本音なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

「忘年会スルー」シーズンのピークはいつ?

 

忘年会のシーズンを調べてみると、忘年会の幹事さんは早ければ10月ごろから、お店を予約したり案内を出したり動き出していますね。

 

ネット上で忘年会シーズンのピークは12月10日~17日というデーターがあります。クリスマスシーズンは家族や恋人と予定があるのでは?と開催時期を配慮する幹事さんも多いそうです。

 

「忘年会スルー」のピークも忘年会のシーズンに合わせた12月半ばがおおくなりそうですね。

 

 

スポンサーリンク

忘年会スルーの意味とは何?のまとめ

 

 

NHKニュースでも特集されていた「忘年会スルー」の意味とは何か調べてみました。

 

忘年会スルーとは忘年会に行きたくないのでスルーしたいということ。時間とお金をほかのことに使いたいという人も増えています。

 

最近は夜の忘年会をやめて、ランチ忘年会を開く会社もあるそう。今後は忘年会の開催方法の幅が増えて変わっていきそうですね^^