【2020秋ドラマ】9・10月スタート新番組≫

バフの手作り方法や使い方は?ランニングやマラソンでマスクの代用品はある?

バフ

コロナの感染防止で山中伸弥教授がおすすめした「バフ」というアイテム。

ランニングやマラソンをするとき、マスクの代用品として使うこともできるそう。

バフとは何なのか?種類や値段は?

また手作りの方法はあるのか、使い方はどうするのかなど。

バフについて気になることを調べてみました。

スポンサーリンク

バフとは何?種類や値段

バフという言葉、聞きなれないワードですよね。

あの山中伸弥教授が屋外での運動はOKなことに触れつつ、マラソンやランニングをする人におすすめしたアイテム。

MEMO
山中伸弥教授もマラソン愛好家で、大会などにも参加されているそう。

マスクをつけてジョギングするのは、顔にくっついてしまうので苦手とのことなので。

バフなどの布を使って、感染が広まらないようにエチケットしようと呼びかけています。

バフのことを知らなかったのですが便利そうですね。

マスクより通気性がいいのか、呼吸がずいぶん楽という感想もありますね。

バフの値段を調べてみると、数百~数千円まで。

金額は、デザインや素材によって幅広いようです。

100均でバフに似たものを見つけたという人もいますね。

⇒楽天市場でバフの最安値をさがす

 

スポンサーリンク

バフの手作り方法

マスクも手作りする人が増えているので、バフも作れるのかな??

と、型紙などを調べてみました。

はぎれを筒状に縫ってバフを作ったという人がいますね。

バフをバンダナや手拭いで代用している人もいますね。

バフを作るにはかなり伸縮性のよい布が必要かなと思うので、バンダナでの代用も簡単でいいかもしれませんね^^

 

スポンサーリンク

バフの使い方

バフの正しい使い方ってどうするのでしょうか?

山中伸弥教授の動画に、実際に装着する場面がありました。

かぶって、口元を覆うだけなので使い方は簡単そうですね。

人の多い場所では、なるべくつけるように心がけたいですね。

 

スポンサーリンク

バフがずり落ちるときの対処法は?

バフは走っていると、ズレて落ちてくることがあるようです。

対処法ってあるのでしょうか?

㊤のように半分に切って使っている人や、バフの布でマスクを作ったという人もいました。

布に切り込みを入れて耳にかけるというのは、ズレ防止のいいアイデアですよね。

自分が走りやすいように工夫するとよさそうです。

マラソン中も、新型コロナウイルスの感染が広まらないように気を付けたいですね。

◆関連記事◆

アベノマスクがいらない人はどうする?寄付先や受け取り拒否など