朝食の準備が簡単になる!おすすめビュッフェスタイル

家族が増えたり、子供が成長したりすると食べる量が増えて毎日の食事作りが大変ですよね。とくに朝は忙しく時間がないので、できるだけ食事の準備に時間をかけたくないという主婦は多いと思います。

私もその一人で朝のごはん作りは簡単に済ませたいほうです。しかし毎日家族5人分の朝食と4人分のお弁当作りを作っているので猫の手もかりたいくらい忙しいです。そこで自分で取り分けてもらうビュッフェスタイルを試してみました♪

スポンサーリンク

朝食をビュッフェにするメリット

調理したままでOK

ビュッフェスタイルでは、フライパンで作った目玉焼きをそのまま出します。食べたい人が自分でお皿に取ってくれるので、いちいち取り分ける手間が省けます。

食べる時間がずれても大丈夫

家族の通学通勤時間がバラバラなので、起きてくる時間にも差があります。朝食を食べる時間がずれるので、一人ずつ朝食を準備していたときは一度に出すことができないという悩みがありました。

ビュッフェスタイルにすると起きてきた順番に食べてくれるので、こちらがタイミングを伺って朝食を出さなければいけないというストレスから解消されました。

食べることが楽しみになる

朝は、誰でも食欲のある日とない日がありますよね。私が、朝食のごはんやお味噌汁をよそって出してしまうと、夫は「付けてくれているものは食べなければいけない」というプレッシャーがあったようです。

ビュッフェスタイルは自分の体調に合わせて、食べたいものを食べたいだけ取ることができます。夫は食べなければいけないプレッシャーから解放されて「今日は何を食べようかな!」という楽しみが出てきたそうです。

食器の片付けが楽

1人ずつの朝食を私が用意していたときは、どうしても小鉢が多く洗い物が大変でした。「味が混ざるとよくないかな?」とか「見た目よく盛り付けよう」と考えてしまい、どうしてもおかずを乗せるお皿が増えていたのです。

でもビュッフェスタイルでは一枚のおさらに好みのものを自分で取ってくれるので、使うお皿の枚数が減りました。急ぐときは、ごはんの上に直接おかずを乗せて食べていくこともあります。食器の片付けが楽になったので嬉しい限りです。

スポンサーリンク

朝食をブッフェスタイルにした感想

朝食をビュッフェスタイルにしてよかったと思います。先ほどもお伝えしたように、おかずをいちいち取り分けなくてもよいし、食器が減って洗い物が楽になりました。

今までは家族の仲の一人が起きてくるごとに朝食を出していたので、そのたびにお弁当作りの手を止めていました。お弁当がなかなかできあがらないのでもどかしい思いでしたが、ビュッフェスタイルにしてからはそのモヤモヤした気持ちがなくなりました。

ただ、ビュッフェスタイルで好きなものばかり食べると栄養の偏りが心配です。夫や子供がどんなものをとっているか、ちらっと見ておくようにしています。「今日のおすすめのおかず」を伝えておくと、それを食べてもらいやすいこともわかりました。

スポンサーリンク

おいしそうに見えるポイント

いろどりのよいサラダを置く

ホテルビュッフェのようには豪華になりませんが、いろどりのよいサラダを置いておくと家族の反応がよいです。トマトやキュウリ、パプリカ、パセリなどを盛り付けています。

段差を付ける

100円ショップのラックなどで段差を付けるとアクセントになります。私は白いキッチンの収納ラックを後ろに置いて、その上にいろどりのよいサラダを乗せていますよ。後ろのものが取りやすいので一石二鳥です。

飲物やデザートを準備する

保冷材を入れたボールやタッパーに、ジュースやヨーグルトを入れて置いておきます。ドリンクバー(みたいなもの)やデザート系があると選ぶときにテンションが上がります。

冷たいものは、冷蔵庫から出してテーブルに置いておくだけなので手間がかかりません。並べておくと食事のたびに冷蔵庫を開閉しなくてよいので省エネにもつながります!

スポンサーリンク

まとめ

我が家で実際にやっている朝食ビュッフェを紹介しましたがいかがでしたか?目玉焼きはフライパンのまま、オーブンで焼いたチキンなどは鉄板のまま置いておけばよいので簡単ですよ。

100円ショップなどのラックで段差を付けると後ろのものがとりやすいです。テーブルクロスを敷いたり器を個性的なものに変えるとさらに雰囲気が出ると思います。

朝食を簡単にしたい人はビュッフェスタイルをぜひ試してみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA