【話題】千葉雄大と成田凌が似てる!インスタ画像≫

吸うカフェインとは何?価格や販売店は?対象年齢は何歳からか調査

吸うカフェイン

JTグループのBREATHERが吸うカフェイン「ston」を発売して話題になっていますね。

 

吸うカフェインとは何で使用できる対象年齢は何歳からなのでしょうか?

 

吸うカフェインの使用方法や価格や販売店や感想(評価や口コミ)も調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

吸うカフェインとは何?

 

吸うカフェインというのは聞きなれない言葉なので気になって調べました。

 

吸うカフェインとはコーヒーやエナジードリンクなどを飲むのではなく、吸ってカフェインを体内に取り込むという発想。

 

 

BREATHERが発売した吸うカフェインのston、カフェインやGABAを吸って摂ることができる商品で売り切れになるほど人気だそうです。

 

MEMO
GABAとは天然アミノ酸の1つで発芽玄米やトマト、ナス、アスパラなどの食品に含まれている。

リラックス効果が期待できるとして、チョコレートなどのお菓子にも使われている。

 

今回発売された吸うカフェインの「ston」とは電子機器で、カフェイン入りの液体を熱で気化させ蒸気を吸うという仕組みになっています。

 

コーヒーが飲めない人や場所によっては飲み物を摂りづらいということもあると思うので、眠たいと感じるときに「吸うカフェイン」があれば助かるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

吸うカフェインの特徴とは?

 

 

吸うカフェインの特徴とはどのようなものかなと気になって調べてみました。

 

すると吸うカフェイン「ston」の場合、特徴は次のように書かれています

 

コーヒーやエナジードリンクは、どうしても胃や腸での消化吸収に時間がかかってしまいますね。

 

しかし蒸気で吸うタイプのカフェインはドリンクよりかなり短い時間で取り込まれるのが特徴ということです。

 

また液体のドリンクは持ち歩くのが大変で、バッグの中でも場所をとるし重たいですよね。

 

しかし吸うカフェインの「ston」はポケットなどに入れておいて簡単に取り出すことができるので便利です。手軽な面も吸うカフェインの特徴といえるでしょう。

 

また吸うカフェインにはニコチンやタールが含まれていないというという特徴もありますよ。

 

スポンサーリンク

吸うカフェインをおすすめしたい人とは?

 

吸うカフェインをおすすめしたい人は、仕事が忙しいビジネスパーソンと書かれています。基本的には大人向けに開発されたもののようですね。

 

BREATHERは「stonはビジネスパーソンの休みの質を改善するために開発した」と話す。

 

「働き方改革で多くのビジネスパーソンが『時短』を求められているが、単に時間を短くするだけでは意味がない。

 

休みの質を改善する必要がある。

 

ビジネスパーソンはもちろん、幅広い層に利用してもらいたい」(同社)

 

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000056-zdn_mkt-bus_all

 

最近は禁煙の場所が増えているのでタバコは吸う場所を探すのも大変です。

 

吸うカフェインなら仕事が忙しいときでもその場で気分転換ができるので助かりますね。

 

スポンサーリンク

吸うカフェインとは何歳からOK?年齢制限はある?

 

タバコは年齢制限がありますが、吸うカフェインは何歳から使えるのかな?と年齢制限があるのか気になって調べました。

 

吸うカフェインstonについて書かれた記事に、次のような記載を見つけました。

 

ただ、カフェインを大量に摂取すると、

 

不眠やめまいなどの副作用を引き起こす恐れがあるため、

 

ブリーザーは20歳以上の利用を推奨する。

 

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000070-jij-bus_all

 

たしかにカフェインの摂り過ぎは気になりますよね。

 

「カフェイン依存症」「カフェイン中毒」なんていう言葉もあるほどですから、カフェインの摂り過ぎはよくないでしょう。

 

そのため、吸うカフェインstonの推奨年齢は20歳以上となっているわけですね。

 

スポンサーリンク

吸うカフェインとはどこで買える?値段はいくら?

 

吸うカフェインのstonはどこで購入できるのかなと販売店を調べてみると、Amazon.co.jp限定販売で、価格は6000円(税別)となっていました。

 

 

しかし「吸うカフェイン」のston はすでに売り切れになっているそうで人気の高さが伺えますね。

 

ほかに吸うカフェインはないかなと調べてみるとイーグルエナジーという「吸うカフェイン」が販売されていたので紹介します。

EAGLE ENERGY イーグルエナジー ブルーベリースーパーミントフレーバー 吸引型カフェインミストサプリ E・ENERGY-BMF

価格:1,609円
(2019/12/5 13:02時点)

 

イーグルエナジーに対しては㊦のような意見が出ています。

 

 

海外製品ということにはなりますが、「吸うカフェイン」のイーグルエナジーは以前から販売されていたのですね。

 

口コミの評価もよさそうなので、吸うカフェインが気になるという人は試してみる価値アリかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

吸うカフェインとは?まとめ

 

 

JTグループのBREATHERが吸うカフェイン「ston」を発売してすでに完売しているというので驚きです。

 

吸うカフェインとは液体を蒸気に変えて吸うしくみになっています。コーヒーなどの液体より簡単に短時間でカフェインを摂ることができるのが特徴。

 

世界では以前からイーグルエナジーという吸うカフェイン発売されていて、口コミは上々のようです。

 

ただ、コーヒーでも同じことですがカフェインの摂り過ぎは控えたいもの。

 

吸うカフェインを使うときは吸い過ぎに注意ですね!