チョン・ミソン出演のドラマ「ファン・ジニ」とは?あらすじや役柄を調べた

チョン・ミソンさんの出演する「ファン・ジニ」が人気ですね。

 

あらすじやチョン・ミソンさんの役柄を調べてみたのでわかったことを紹介していきます。

スポンサーリンク

チョン・ミソン出演の「ファン・ジニ」のあらすじとは?

 

チョン・ミソンさんが出演している「ファン・ジニ」は2006年に制作されています。

 

全24話の韓国ドラマとなっています。

 

このドラマの舞台は16世紀の中宗の時代の物語ですね。

 

朝鮮王朝時代に一番人気だったファン・ジニという女性の生き方をドラマにしていますね。

 

 

実際にいた女性が、ドラマのファン・ジニのモデルになっているとのことです。

 

ファン・ジニは詩人で音楽を愛する素敵な人で、芸の道を極めて高い評価を得るようになります。

 

スポンサーリンク

ドラマ「ファン・ジニ」でチョン・ミソンの役柄は何?

 

チョン・ミソンさんはドラマ「ファン・ジニ」では、チン・ヒョングムという人を演じています。

 

ファンジニの母役で、精神的ショックから両目の視力を失ってしまいますが、伽耶琴を弾くのが上手です。

 

チン・ヒョングムは幼いわが子をお寺に預けようとしますが、離れたくないと泣いてしがみつくファンジニを遠くに行かせることができませんでした。

 

このドラマを見た人は「涙がでる」「感動する」という感想がありますね。

 

ファン・ジニは見てよかったと思えるドラマだという人が多いです。

 

チョン・ミソンさんについてのまとめページを作成しています。

以下のリンクから気になる記事がありましたら、ぜひ見ていってください。

チョン・ミソンさんについての記事まとめへ