大阪トラック(G20)とは何でいつ安倍首相が宣言?新ルールの狙いとは

G20大阪サミットで安倍首相が宣言する大阪トラックが話題になっていますね。

 

大阪トラックとは聞きなれない言葉ですが、何を意味しているのでしょうか?

 

主要20カ国・地域首脳会議の大阪トラックとは何で、いつ安倍首相が宣言するのか、新ルールの狙いとは何か調べてみました!

スポンサーリンク

大阪トラック(G20)とは何か紹介!

 

 

大阪トラックと聞くと、車の走るトラックをイメージしてしまいました。

 

でも、違うみたいですね・・・。

 

NHKのニュースによれば、G20大阪サミットで宣言される大阪トラックとは顧客データの取り扱いに関するものということです。

 

車のことじゃないんですね、驚きました。

 

買い物をしたときなどの顧客データが、今後の新しいサービスのための資源になるとちゅうもくされていて「21世紀の石油」と呼ばれているそうです。

 

でも企業が国を超えてデーターを管理するルールは今はないということです。

 

日本には「個人情報保護法」というのがありますが、他の国では決まりがないところもあるのですね。

 

アメリカにもルールがないと聞いて驚きました。

 

中国ではインターネットが国の統制下にあるので国が流通を制限しているということです。

 

それで、新しいルール作りを進めるために宣言したのが大阪トラックということです。

 

国を超えて新しいルールを作るということなので、今回のような各国のリーダーが集まるときに大阪トラックを話し合い宣言するというわけですね。

 

海外のものをネットで購入することもあるので、しっかりとルールを決めてほしいと思いますね。

 

スポンサーリンク

大阪トラックを宣言したのはいつ?

 

 

6月28日のG20大阪サミットで大阪トラックの開始が宣言されました。

 

G20大阪サミットの初日に経済活動が生むデータの流通を促す話し合いがあり、交渉加速に大筋合意したということです。

 

メインになるのはWTO加盟の有志国で2020年6月までの進展を目指すことになっています。

 

交渉がうまくいってほしいですね。

 

スポンサーリンク

大阪トラック宣言の安倍首相の狙いとは?

 

 

G20大阪サミットで大阪トラックを宣言した安倍首相の狙いが気になりますよね。

 

大阪トラックを宣言した安倍首相の狙いは2つあるということです。

 

  • ネットデータのルール作りを加速しながら日本が不利にならないようにする
  • 日本の要求が退けられないようにWTO自体の改革する

 

安倍首相は日本のことを考えて大阪トラックを宣言したというわけですね。

 

大阪トラックとは聞きなれない名前だったので「トラックとはいったい何?」と思いましたが、なんとなくわかったような気がします。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

2019年6月28日にG20大阪サミットで安倍首相が大阪トラックを宣言しました。

 

ネットで飛び交う顧客データのルール作りを、参加国に呼び掛けたということです。

 

交渉加速に大筋合意してもらえたようなので、目標の2020年までに安倍首相の狙いがうまくいくといいなと思いますね。

 

今後も大阪トラックという言葉に注目していきたいと思います!

 

G20大阪サミットのことについては、「G20大阪サミットのスケジュールや交通規制とは?台風の影響はあるか調査!」の記事に書いていますのでぜひ読んでくださいね!

 

テレビでよく見かけるG20たこ焼きの詳細は「【G20たこ焼き】店名は何で場所はどこ?値段や販売期間や評判を調査!」の記事に書いているのでぜひ読んでください。