ハーリー・レイスの死因や病名は何?現在の画像や告別式やお別れの会を調べた

ハーリー・レイス 死因 病気 病名 告別式 お別れの会 現在 画像

「ミスタープロレス」「ミスターNWA」と呼ばれたハーリー・レイスさんが死去されたというニュースがありました。

 

ハーリー・レイスさんの死因となった病気や病名は何だったのでしょうか?

 

お通夜や告別式やお別れの会があるかも調べてみました。

スポンサーリンク

ハーリー・レイスの簡単なプロフィール

 

ハーリー・レイスさんの簡単なプロフィールを紹介しますね。

 

ハーリー・レイスさんは、アメリカの元プロレスラーです。

 

生年月日は1943年4月11日で、2019年8月1日に76歳で亡くなられました。

 

1958年にデビューし1995年に引退するまで数かすの抗争を繰り広げました。

 

ハーリー・レイスさんはNWA世界ヘビー級王座を8度獲得したすばらしいプロレスラーでしたね。

 

1968年2月に初来日し大阪府立体育館で、アメリカでの宿敵ディック・ザ・ブルーザーと組み、ジャイアント馬場さんアントニオ猪木さんの保持したインターナショナル・タッグ王座に挑戦したことも有名です。

 

スポンサーリンク

ハーリー・レイスの死因や病名は何?

 

ハーリー・レイスさんは、現在は肺がんを告白し、先月にはイベント出席の移動中に病状が悪化して入院していたということです。

 

ハーリー・レイスさんの死因となった病名は肺がんによる合併症のために死去したということです。

 

76歳だったということなので、まだ若い年齢で残念ですね。

 

スポンサーリンク

ハーリー・レイスの現在は?画像あり

 

 

ハーリー・レイスさんは、先月にはイベント出席の移動中に病状が悪化して入院していたということなので、突然の死だったのかもしれませんね。

 

ネット上に現在の画像があるか調べてみました。

 

 

こちらは2003年ごろのハーレー・ルイスさんの画像ということです。

 

とても元気そうですね。年をとってからもいろいろなプロレスのイベントに参加されていたようですね。

 

2017年には太ももの手術を受けていたというニュースもありました。

 

米国の世界最大手プロレス団体WWEは現地時間の3日、公式サイトで元プロレスラーのハーリー・レイス氏(74)が米国の自宅で右太ももを骨折するなど両足に重傷を負い、緊急手術を受けたと発表した。

引用元:デイリーニュース

 

両足に重傷を負って緊急手術をしたということなので、大変な骨折だったのですね。

 

スポンサーリンク

ハーレー・ルイスの告別式やお別れの会

 

ハーレー・ルイスさんの告別式やお別れの会があるか調べてみましたが、情報が見つかりませんでした。

 

ハーレー・ルイスさんはアメリカで生活されていたようなので、告別式やお別れの会はアメリカの風習にしたがって行われるでしょうね。

 

アメリカでのお別れの会は、日本のように献花台があるわけではなく、親近者で食事会のようなものを開くという情報もありました。

 

ハーレー・ルイスさんのお別れの会がどのように開かれるのかは不明です。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

元プロレスラーのハーレー・ルイスさんが亡くなられたというニュースがありました。

 

ハーリー・レイスさんは肺がんを告白していてイベント出席の移動中に病状が悪化して入院していました

 

ハーリー・レイスさんの死因となった病名は肺がんによる合併症ということです。

 

告別式やお別れの会がいつどのように開かれるかは不明です。

 

アメリカの風習にしたがって行われると思います。

 

ハーリー・レイスさんのご冥福をお祈りいたします。

 

2019年に亡くなられた有名人の記事をまとめています。

 

興味のある記事があればぜひ読んでください。

 

2019年に亡くなられた有名人のまとめページへはこちらをクリックしてください。