【話題】千葉雄大と成田凌が似てる!インスタ画像≫

遥海の本名や出身地は?どこの国のハーフか生い立ちを調べてみた

歌手として活躍中の遥海さん。

歌が上手くて、透き通るような歌声が素敵と話題になっています。

シンガーソングライター遥海さんとは、どのような人物なのでしょうか?

遥海さんの本名(読み方)ハーフの噂や生い立ちについて調べてみました。

スポンサーリンク

遥海の本名や名前の読み方 Wikiプロフィール調査

オーディション番組などで話題になった歌手の遥海さん。

2020年5月、アニメのテーマ曲“Pride”でデビューを飾っています。

遥海さんの名前の読み方は『はるみ』さん。

Wikipediaによると、出生名は『草ケ谷 遥海』となっています。

本名の草ケ谷 遥海という名前で活動していた時期もあるそうです。

現在は『遥海』として音楽活動をされています。

 

スポンサーリンク

遥海の出身地 どこの国のハーフ?

遥海さんの両親は

  • 父親:日本人
  • 母親:フィリピン人

なので、遥海さんは日本人とフィリピン人のハーフということになりますね。

遥海さんの家族、兄弟は3人。

3姉妹の末っ子としてフィリピンで生まれたそうです。

 

スポンサーリンク

遥海が歌手になったきっかけ 子供時代とは?

遥海さんは子供の頃はフィリピンで過ごしています。

日曜日は家族で協会に通い、そこでゴスペル隊に出会ったそう。

いろいろな種類の声が、ひとつのハーモニーを作っていることに感動。

衝撃を受けて、3歳でゴスペル隊に入ったというので驚きですよね。

遥海さんは、13歳からは日本で過ごしています。

高校で日本語の勉強をして、オーディション番組にエントリーしていたそうです。

その後、『関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦』などの音楽番組に出演。

スーパー高校生として注目を集めます。

遥海さんはこれがきっかけで、日本で音楽活動をするようになったそう。

アニメのエンディング曲でデビューした遥海さん。

今後の活躍が楽しみですね!