熱中症(注意喚起) 文書例・ポスター・チラシのテンプレートやアナウンス方法を紹介

暑い日が続くと熱中症の注意を呼びかけることも増えてきますよね。

 

でもどのような文章や絵で伝えればよいか迷ってしまいますよね。

 

熱中症(注意喚起) 文書例・ポスター・チラシのテンプレート・アナウンス方法を調べたので紹介します。

スポンサーリンク

熱中症(注意喚起)の文書例・ポスターやチラシのテンプレートはある?

 

熱中症を文書やポスターで呼びかけたいと思うこともありますよね。

 

とくにポスターは施設やお店などに掲示しておけば多くの人が読んでくれますよね。

 

でも、ポスターをいちから製作すると時間がかかってしまいますよね。

 

ポスターのテンプレートを探していたら、富士ゼロックス福島のホームページにあるのを見つけました。

 

 

ふりがなが付いているものもあるので、子供向けにも使えそうです。

 

机上に置けるようなスタンド型もありました。

 

ロゴマークも挿入できるようです。

 

ただし自由に切り貼り加工はできないようになっていて、デザインを使った商品の製造や販売などもできないようになっています。

 

テンプレートの詳しい使い方や注意事項は、富士ゼロックス福島のホームページで確認してくださいね。

 

熱中症の注意突起の文書例は、探したのですがテンプレートは見つかりませんでした。

 

熱中症の注意を呼びかける文書は子供が学校からもらってきたり、病院に行くと配布されることがあります。

 

医療機関などのホームページに熱中症の注意突起が載っていることもあるので、書き方がわからないときはホームページを参考にするのも1つの方法ですね。

 

スポンサーリンク

熱中症(注意喚起)のアナウンス方法紹介

 

 

行事やスポーツの大会などで熱中症をアナウンスで呼び掛けることもありますよね。

 

スポーツの大会などでは、最近「給水タイム」というのができて、アナウンスで給水するように呼び掛けることもありますね。

 

アナウンスはその場にいる人に広く伝えることができるのでよいですよね。

 

でも、どうやって呼びかけたらよいか文章がわからないこともありますよね。

 

その場合は、総務省消防庁のホームページに熱中症予防の例文メッセージを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

今日は、高温注意情報が発表されています。熱中症にならないよう、暑さを避け、こまめに水分を補給しましょう。高齢者の方は、暑さを感じにくく、室内でも熱中症になることもあるので十分注意しましょう!

引用元:総務省消防庁HP

 

いろいろな文言があるので、アナウンスの例文を作るときに役立つと思います。

 

詳しくは総務省消防庁ホームページを確認してくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

暑い日が続くと熱中症が心配ですね。

 

文書やポスター、アナウンスで熱中症対策を呼びかけるとわかりやすいのでよいですね。

 

テンプレートや例文集がみつからないときは、紹介したホームページを参考にしてみてくださいね。

 

詳しくはテンプレートや例文集を公開してくれているサイトで確認してくださいね。