【厚労省】加藤大臣の学歴や経歴!嫁についても≫

へそ大根とは何?作り方や通販の販売店や購入方法は?戻し方も紹介!

へそ大根 とは 戻し方 購入方法

2020年1月11日の「青空レストラン」のテレビ番組で、宮城県のへそ大根という珍しい食材を紹介していました。

 

へそ大根とは何?作り方や通販の販売店や購入方法は?へそ大根はどこで買えるのか気になりますね。

 

へそ大根の戻し方も調べたので紹介しますね!

 

スポンサーリンク

 

へそ大根とは何?

 

へそ大根とは、宮城県の丸森町筆甫(ひっぽ)地区などで作られている干した大根のことだそうです。

 

できあがった商品がお腹のへそのように見えるので「へそ大根」と言われているとのこと。

 

棒に刺して乾燥させるので、大根の中心に穴が開きおへそみたいになるんですね^^

 

 

ネットで調べてみると、㊤のように新聞でも紹介されていますね^^

 

上の画像で手前に見えている茶色い食材がへそ大根です。

 

上の画像のように干す前は真っ白な大根が、茶色くおへそみたいになるので驚きですよね!

 

冬の夜の寒さで大根が凍り、昼の日差しで溶けるというのを繰り返し、飴色のうまみがギュッとつまったへそ大根になるそうです。

 

スポンサーリンク

へそ大根の作り方とは?

 

へそ大根の作り方は次のように紹介されていました。

  1. 畑から抜いてきた大根をよく洗い
  2. 皮をむき(先からむくのがポイントのようです)
  3. 2~3センチの厚さに切る
  4. 茹でる
  5. 大根の中心を刺して
  6. 1か月天日干しする

 

茹でるときは鍋に蓋をしていましたね。

 

干すときは切った大根と大根の間隔を空けておくことがコツで、風がとおりよく乾燥するそうです。

 

スポンサーリンク

へそ大根の通販!購入方法とは?

 

へそ大根はどこで買えるのかな?と調べてみると

 

楽天のサイトで購入できるというのがわかりました。

 

ひっぽのへそ大根のほかに、蔵王のへそ大根というのもあるんですね。

 

購入ページの説明を見てみると、作り方や戻し方、食べ方なども大きな違いはなさそうです^^

 

【DM便送料無料】ひっぽのへそ大根 50g 筆甫 凍み大根 乾燥野菜 干し野菜 保存食 干し大根 寒干し 無添加 無農薬 郷土食 スローフード 東北 宮城 国産 満天青空レストラン 筆甫 へそ大根

価格:2,480円
(2020/1/11 19:05時点)

 

【DM便送料無料】蔵王 へそ大根 50g 凍み大根 乾燥野菜 干し野菜 保存食 干し大根 寒干し 無添加 無農薬 郷土食 スローフード 東北 宮城 国産 満天青空レストラン

価格:1,980円
(2020/1/11 19:07時点)

 

作られている地域によってへそ大根の値段が違っているみたいです。

 

送料なども考慮して選びたいですね!

 

スポンサーリンク

へそ大根の戻し方は?

 

へそ大根は水でもどして使うみたいですね。

 

番組内では水に入れて6時間戻すと言っていました。

 

へそ大根の戻し方を調べてみると、軽く水で洗ってからぬるま湯に浸して半日くらい戻すと書いています。

 

戻し汁も煮物に使えると紹介されていたので、干ししいたけのような感覚かなと思いました^^

 

スポンサーリンク

へそ大根とは何?販売店はどこ?まとめ

 

宮城県で作られているへそ大根。

 

煮物、揚げ物、グラタンなど和洋に使える食材ということで、どの料理も美味しそうでしたね~^^

 

番組内で紹介されたレシピ青空レストランのサイトで見ることができます。

 

特に青空レストランで紹介された「へそ大根の挟み揚げ」は、タレントの堀田 茜さんがとろけるように柔らかくておいしいと言っていたので食べてみたいなと思います^^

 

柔らかいといえば、節約料理によく使われる鶏のムネ肉を柔らかくする方法の記事も書いています。

 

「ムネ肉を柔らかくする裏技!短時間で簡単!家にあるものでできる方法とは」の記事もおすすめなので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!