【家づくり】作ってよかった!と思う柱や壁などの参考例

家族が快適に過ごせるように間取りを考えて家を建てました。その中でも、「これはやってよかった!」と便利に感じていることを紹介します。

スポンサーリンク

玄関に1本柱を立てた

家の間取りを考えるとき、靴を並べておけるように玄関を横長にすることに決めました。玄関の上り口は通常の幅より広くしてもらいました。幅広の玄関なので靴が多くても自分の靴をスムーズに履くことができています。

また柱にロールスクリーンを付けたので、急な来客時には目隠しができます。雨の日は玄関にカッパや傘が玄関に散らかります。遊んだアウトドア用品が納できていない場合もあるので、散らかっているときはロールスクリーンを降ろしています。

 

スポンサーリンク

洗面所に半分だけ壁を付けた

 

洗面所は広く作りました。洗面所からお風呂に入るようになるので脱衣所も兼ねています。

 

洗面所で洗顔や歯みがきもするので、入浴中でもお互いに気を使わないように脱衣所部分に壁を半分だけ付けてもらい、そこに「のれん」をかけました。

 

間取りを考えているとき、脱衣所に扉を付けることも考えたのですが、扉の費用が高くなったりお風呂からの湿気がこもってしまったりするので突っ張り棒で「のれん」を付けることにしました。

 

スポンサーリンク

リビングとダイニングの間に扉を設置

 

リビングとダイニングの仕切りは、どうしても作りたかったものです。テレビを観たい人、宿題が残っている人、静かに音楽を聴きたい人など…家族のやりたいことが違うことが多いです。テレビがついていると、食事が進まなかったり宿題が手に着かなかったりします。

扉があっても100%防音にはなりませんが、テレビの画面が見えなくなるだけでも用事が進みます。この扉は、費用がかかりましたが付けてよかったと思います。

 

スポンサーリンク

横長のベランダ

 

布団を干したいと思っていてもタイミングを逃してしまってこまったことがあります。

 

一度にたくさんの布団が干せたらいいなと思ってベランダを2階に作りました。ベランダの奥行きは狭いのですが、幅広なので天気のよい日に布団を一度にたくさん干せるので便利です。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

家づくりって難しいですよね。建てた後で、ああすればよかったと思うこともよくあります。

 

家は3件建てたら、思うような家ができるっていうけど、本当だと思います。

 

でも一生のうちに3件の家を建てることは難しいと思うから、いろいろな間取りをみたり情報を収集してから家づくりをするのが大切だなってつくづく思います。