藤井棋聖の読み方や意味は?藤井聡太棋聖の漢字の読み方を紹介!

17歳という若さで藤井聡太さんが初タイトルを獲得しました。

これによって、藤井聡太七段は藤井棋聖と呼ばれるようになりました。

『藤井棋聖』の漢字の読み方や意味を調べたので紹介しますね。

 

スポンサーリンク

 

藤井聡太新棋聖が誕生!

2020年7月18日、藤井聡太七段は現役最強と言われる渡辺明さんに勝利しタイトルを手にしました。

これによって藤井聡太新棋聖が誕生。

現在の藤井聡太さんの年齢は17歳なので、史上最年少でのタイトル獲得となりました。

 

スポンサーリンク

藤井棋聖の読み方は?

大きなニュースとして伝えられた藤井壮太さんのタイトル獲得。

藤井壮太さんの呼び方が藤井聡太七段から藤井棋聖へと変わりました。

棋聖の読み方は「キセイ」です。

なので、

藤井棋聖の読み方は

「ふじい きせい」となります。

藤井聡太棋聖の漢字の読み方は「ふじい そうた きせい」ですね。

今後は、藤井聡太棋聖と呼ばれることもあるでしょうね。

かっこいい響きですね!

 

スポンサーリンク

藤井棋聖の意味は?

『棋聖』という言葉を調べてみると

意味は

『碁・将棋で、技量の特にすぐれた人』

と出てきます。

将棋で棋聖位に与えられる称号ということです。

昭和37年に作られた言葉となっています。

MEMO
将棋の世界では、タイトルを獲得した場合、段位ではなく、タイトル名が呼び名となるそう。

なので

今回『棋聖戦』に勝利した藤井聡太七段は

藤井棋聖

と呼ばれるようになりました。

史上最年少でタイトルを獲得、新記録を打ち出した藤井棋聖の今後に注目が集まりますね!