伊勢崎もんじゃの中身を調査!月島もんじゃとの違いを比較

「意外だけど美味しい!」と評判の伊勢崎もんじゃ。

中身にはどんな材料を使っているのでしょうか。

伊勢崎もんじゃの中身や月島もんじゃと比較し、違いを調べてみました。

伊勢崎もんじゃとは

 

 

伊勢崎もんじゃって聞きなれない名前ですよね。以前、テレビで櫻井翔くんがお勧めしたことでも注目が集まっています。

 

鉄板で焼いた伊勢崎もんじゃは、茶色がメインなので見た目はイマイチ…。

 

でも食べてみると美味しい!という声が多いです。

 

伊勢崎市では昔は駄菓子屋さんにもんじゃコーナーがあり、おやつ代わりに食べることができたそうですよ。

 

伊勢崎もんじゃを食べるタイミング、「おなかがすいているときに食べるのが最高においしい!」という人も多いようです。

 

スポンサーリンク

伊勢崎もんじゃの中身を調査

 

伊勢崎もんじゃは見た目が茶色とお伝えしましたが、中身は何なのでしょうか?

 

  • 中力粉
  • キャベツ
  • 乾燥した切りイカ
  • 桜えび
  • 天かす

 

いろいろ入っていておいしそうですね~!

 

ここまでは普通の材料なのですが、隠し味とトッピングにいちごシロップを入れると言うので驚いてしまいます。

 

さらに辛くしたい場合は、カレー粉を入れるのだそうですよ。

 

さらに豪華にしたい時はベビースターラーメンも加えるそうですよ!

 

めずらしいですね~。

 

毎日料理をしていますが、こんな組み合わせはしたことがありません!

 

スポンサーリンク

伊勢崎もんじゃと月島もんじゃの違いの比較

 

伊勢崎もんじゃと月島もんじゃ。どちらも「もんじゃ」ですが違いはあるのでしょうか?

 

材料はよく似ています。というか、ほとんど同じです。

 

ただ、いちごシロップやカレー粉を入れるというところは、伊勢崎もんじゃ特有のもので月島もんじゃにはないように思います。

 

カレー粉を入れる理由は辛さを出すためです。

 

伊勢崎もんじゃには「アマ」とカレー粉を入れた「カラ」があるのです!

 

月島もんじゃには辛さの違いはないように思いますね~。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

昔、駄菓子屋さんで伊勢崎もんじゃが食べられていたということなので、駄菓子屋さんに置いている物をトッピングなどに加えるようになったのかもしれません。

 

伊勢島もんじゃは好きなものを自由に加えて、オリジナルの食べ方を楽しんでもよいようですよ!