【2020秋ドラマ】9・10月スタート新番組≫

【ゼリー】短時間で固まる簡単レシピ!ヨーグルトのおやつを作ってみた

ヨーグルト ゼリー

食事のデザートや子供のおやつにおすすめです。

ヨーグルトにゼラチンを混ぜて、短時間でできる簡単なゼリーを作りました。

材料やレシピをまとめたので、参考にしてもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

ゼリーの「短時間で固まる」簡単レシピ

子供のおやつや食後のデザートを簡単に作りたいと思う人は多いですよね。

ヨーグルトのゼリーは固まるのが早いので、すぐ食べたいときにおすすめです。

暑くて食欲がないときでも、ツルンと食べやすいです^^

材料

ゼリー 作り方 材料

ヨーグルト 200g(無糖)

ゼラチン 1袋5g(使ったのは森永のクックゼラチン)

お湯 50㏄

砂糖 20~30g(トッピングがジャムなら少なめでも)

キウイ・イチゴ

今回は、ヨーグルトだけで作ったのですが…

温めた牛乳にゼラチンを溶かして、粗熱が取れたらヨーグルトに合わせる方法もあります。

  • 牛乳100㏄(牛乳を加える場合はお湯はいらない)
  • はちみつ10g

など、基本の材料に加えても美味しいです。

牛乳やはちみつを入れると、なめらかで味が濃厚になります^^

 

作り方

①キウイは小さく切る

②耐熱のボールにお湯を入れて、砂糖を混ぜる

③砂糖がとけたら、ゼラチンを振り入れてふやかす

ゼラチン ゼリー

④ヨーグルトがなめらかになるまで混ぜる

ヨーグルト おやつ

⑤③の粗熱が取れたら、ヨーグルトに入れて混ぜる

⑥型にキウイと⑤を入れて、冷蔵庫で冷やし固める(パインやオレンジなどのフルーツでもOK)

キウイ お菓子 ゼリー

冷蔵庫で30分~1時間程度

⑦固まったらイチゴを飾って完成。とっても簡単です。

もともとヨーグルトは、少し固まっているので短時間でゼリーになります。

食事の準備をするときに作っておけば、食後のデザートになりますよ。

 

スポンサーリンク

ゼリー作りの失敗しないコツ

ゼラチン ヨーグルト

ヨーグルトゼリーを作るときは、次のことに気を付けてくださいね。

ゼラチンの入れ方

ゼラチンを入れるときは、お湯にゼラチンを振り入れるという順番で作ってくださいね。

ボールに先にゼラチンを入れて、その上からお湯をかけると失敗の原因になります。

ゼラチンが固まって、うまく溶けないことがあります。

ゼラチンの混ぜ方

上手に作るコツのもう1つは、ゼラチンとヨーグルトを混ぜるとき手早くまぜることです。

ヨーグルトが冷たいので、手早く混ぜなければ一部分だけが固まってしまいます。

ゼラチンのお湯の粗熱や取れたら、手早く混ぜ合わせてくださいね!

 

スポンサーリンク

ゼリーのアレンジを楽しもう!

ヨーグルトのゼリーはさっぱりした味わいです。

いろいろなおやつにアレンジして楽しむことができます。

  • ゼリーの上にジャムをのぜる
  • ゼリーを砕いて、パフェに入れる
  • フルーツの缶詰に混ぜて、フルーツポンチ風に
  • 1cm角に切ってジュースに入れる(炭酸もおすすめ)

などなど。

ほかの材料との相性もいいので、レパートリーの幅が広がります^^

【関連記事】

クランペットとは何?レシピや作り方を紹介!

牛乳消費レシピは「フレンチトースト」がおすすめ