【鎌倉殿の13人】あらすじやキャスト!ロケ地や放送開始日がいつからいつまでか予想

鎌倉殿の13人 キャスト あらすじ

2020年1月8日、2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のキャストなど発表がありました。

 

鎌倉殿の13人の主演は俳優の小栗旬さんで脚本は三谷幸喜さんなので、面白そうというよい評価も多いです^^

 

鎌倉殿の13人のあらすじ(みどころ)やキャストやロケ地、放送日はいつからなのか調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

鎌倉殿の13人の脚本家とキャスト決定!

 

 

鎌倉殿の13人の主演は小栗旬さんと発表されました!

 

なので、小栗旬さんが演じるのは主人公の北条義時となりますね。

(北条義時は源頼朝の妻、北条政子の弟)

 

小栗旬さんは大河ドラマに今現在まで7回出演しているので、今回が8回目の出演となるので凄いですね。

 

今までの大河ドラマ出演歴は㊦のとおりです。

  • 1995年 『八代将軍吉宗』で徳川宗翰 役
  • 1996年 『秀吉』で石田三成の幼少期
  • 2000年 『葵 徳川三代』で細川忠利役
  • 2005年 『義経』で梶原景季役
  • 2009年 『天地人』で石田三成役
  • 2013年 『八重の桜』で吉田松陰役
  • 2018年 『西郷どん』で坂本龍馬役

 

そして、脚本は三谷幸喜さんなのでかなり面白い作品になるのでは?と期待がかかります^-^

 

三谷幸喜さんの大河歴は

  • 2004年の「新選組」
  • 2016年の「真田丸」

となっていて、

 

三谷幸喜さんが大河ドラマの脚本を手掛けるのは、今回が3度目ということです。

 

今回の鎌倉殿の13人は、キャストやあらすじがどうなっていくのか楽しみですね。

 

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人の追加キャスト紹介

 

 

今回は主演は小栗旬さんに決まったということで、追加のキャストも順次発表されていくでしょうね。

 

鎌倉殿の13人の「13人」とは誰なのか気になります。

 

制作発表で三谷幸喜さんが「俺、ヤバいという人がいたら、ぜひ断ってください。なんで受けるんだ!と。切にお願いしたい」と冗談交じりに…。

 

(でも2020年の大河ドラマで話題になった沢尻エリカさんの事件もありますので、これ本音ですよね)

 

2022年の大河ドラマのキャストは、誠実でまじめな芸能人が多くなるかもしれませんね(笑)

 

 

会見では三谷幸喜さんは、㊤のような家系図を使って主人公の義時について説明し、

 

「本来、北条家の中心になる人物ではなかったのに、

 

兄の死で歴史の表舞台にかり出される。

 

何かに似てるなと思ったら、

 

映画ゴッドファーザーのアル・パチーノの設定と似ている。

 

原作者のマリオ・プーゾは、

 

鎌倉時代のこれに影響を受けてゴッドファーザーを

 

作ったんだなと思う」

 

と独特の言い回し方で主人公の義時について説明しています^^

 

13人の名前の頭文字をとると「ひかわなにおほほはあみあみ」となるそうですよ。

 

主演が小栗旬さんだとわかれば、相手役のヒロインが誰かというのも気になりますね!

 

また個人的には義時の姉、北条政子はどんな女優さんが演じるのかなというのも楽しみです^^

 

鎌倉殿の13人の追加キャストは、発表があり次第追記していきますのでお待ちください^^

 

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人のあらすじ&みどころは?

 

鎌倉殿の13人のおおまかなあらすじは、

 

鎌倉時代の2代執権、北条義時を主人公に、

 

合議制で集まった13人による権力のパワーゲームを描く

 

となっていて、NHKの公式サイトによると

 

鎌倉殿の13人の時代は平安時代末から鎌倉時代前期の設定だそうです

 

平家隆盛の世、北条義時は伊豆の弱小豪族の次男坊に過ぎなかった。

 

だが流罪人・源頼朝と姉・政子の結婚をきっかけに、

 

運命の歯車は回り始める。

 

鎌倉殿の13人は源平合戦から鎌倉幕府が誕生するまでの13人の権力争い、パワーゲームの話で

 

1180年、頼朝は関東武士団を結集し平家に反旗を翻した。

 

北条一門はこの無謀な大博打ばくちに乗った。

 

頼朝第一の側近となった義時は決死の政治工作を行い、

 

遂には平家一門を打ち破る。

 

北条義時が主人公なので、見どころは承久の乱ということになるのでしょうか。

 

義時は、二人の将軍の叔父として懸命に幕府のかじを取る。

 

源氏の正統が途絶えたとき、北条氏は幕府の頂点にいた。

 

都では後鳥羽上皇が義時討伐の兵を挙げる。

 

源頼朝には13人の家臣が使えていたのですが、頼朝の死後は激しい内部抗争となり、

 

最後まで生き残ったのが、最年少の(小栗旬演じる)北条義時だったというあらすじです。

 

制作発表の会見では、脚本家の三谷幸喜さんが

 

「サザエさんとカツオが手を組んで、

 

マスオさんが死んだ後に波平を磯野家から追い出す。

 

そう考えるとものすごいドラマがある。

 

タラちゃんを義時が滅ぼしてフグ田家は滅亡し、

 

磯野家の鎌倉幕府ができる」

 

と、サザエさん一家にたとえて鎌倉殿の13人を説明しています。

 

サザエさん一家にはありえないだろうなと思う話ですが、たとえ方が面白いですよね^^

 

「こんなダークな主人公が日曜夜にいていいのか、

 

という主人公を明るく楽しく描いていきたい」

 

と㊤のようにも語っているので、鎌倉殿の13人のドラマが楽しみですね。

 

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人の放送開始日はいつから?

 

鎌倉殿の13人の放送開始日は、2022年1からの予定。

 

2022年1月は日曜日が、1月2日と9日と16日…となっているので、

 

今のところ「鎌倉殿の13人」の放送開始は1月9日(日)から12月までの放送になるのではないかなと思います。

 

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人のロケ地はどこ?

 

 

ロケ地の情報はみつけ次第、また追記していきますね!

 

大河ドラマの主演といえば、2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』の主演長谷川博己さん

 

長谷川博己さんの顔が小さい!と話題になっています。

 

「長谷川博己 若い時からイケメンで顔が小さい!顔の変化を今と昔で画像比較」の記事も書いているので、ぜひ読んでみてくださいね^^

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!