ビートたけしの年収130億も慰謝料に?愛人A子との再婚話が衝撃的

なんと年収が130億円という噂もあるビートたけしさん。

 

長引いていた離婚がようやく成立し、莫大な財産が元妻の幹子さんへの慰謝料となったようですね。

 

ビートたけしさんとはどのような人物で、この離婚の原因にもなったと言われる愛人A子さんとの再婚について調べてみました。

スポンサーリンク

ビートたけしのプロフィール

 

 

 

ビートたけしさんのプロフィールを紹介しますね。

 

本名は北野武(キタノ タケシ)といいます。

 

デビューしたころはお笑い芸人でしたが、最近は日本を代表する映画監督としても活躍されています。

 

生年月日は1947年1月18日、東京都出身の血液型はO型です。

 

1973年に漫才コンビ・ツービートを結成します。

 

1988年には個人事務所『オフィス北野』を設立し、バラエティ番組『世界まる見え!テレビ特捜部』や『跡体験!アンビリバボー』『ビートたけしのTVタックル』などにレギュラー出演しています。

 

1998年には監督と脚本を担当した映画『HANA-BI』で『第54回ベネチア国際映画祭』金獅子賞を受賞し話題になりました。

 

他の作品でも国内の映画賞、各国の国際映画祭で数々の賞を受賞しています。

 

手掛けた映画は  『菊次郎の夏』、 『座頭市』など数々の作品があります。

 

スポンサーリンク

ビートたけしの年収は130億!

 

 

 

ビートたけしさんは本も出版されていますね。

 

テレビ番組に出演することも多いビートたけしさん、年収はなんと130億円くらいあるという噂もあります。

 

本当かどうかはわからないにしても、こんな噂がでるとはさすが世界の北野監督ですね。

 

 

ビートたけしさんはCMにもよく出演していますね。

 

CMのギャラは300万円~500万円ともいわれているので、そういうところからもビートたけしさんの偉大さを感じますね。

 

ビートたけしさんが出演していると、ユニークな中に懐かしい感じがして親しみがわいてきます。

 

さらっと本音をいっても、ビートたけしさんなら嫌味がなく見た人を笑顔にさせてくれますよね。

 

年収130億円と噂されるのは、そういうビートたけしさんの魅力や人気の高さからかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

ビートたけしの莫大な年収が元妻の慰謝料に

 

 

 

今回、ビートたけしさんと元妻の幹子さんとの離婚が報じられましたね。

 

ビートたけしさんは漫才をしていたころに幹子さんと知り合い結婚されました。

 

 

 

2人の結婚生活は40年も続いていて、ビートたけしさんの芸人の下済み時代には幹子さんが支えてくれたようですね。

 

なのでたけしさんは幹子さんに感謝の気持ちがあるようですね。

 

結婚40年の間には、ビートたけしさんの数々の女性問題もあったようですね。

 

それでも幹子さんはビートたけしさんを支えつづけていたのですね。

 

ニュースでは莫大な慰謝料を幹子さんに支払うと報じられています。

 

莫大な慰謝料は、幹子さんへの感謝の気持ちの現れなのかもしれませんね。

 

 

 

たけしさんにとっては財産など重要な問題ではないようにも思えますね。

 

 

年収130億円も稼ぐとお金がへの執着心がなくなりそうですね。

 

こういうところも、やっぱりビートたけしさんは「大物」だなぁと感じてしまいますよね。

 

スポンサーリンク

ビートたけしの愛人A子との再婚はいつ?

 

 

元妻である幹子さんとの離婚は、ビートたけしさんの愛人A子さんとの関係が原因かもしれないですね。

 

愛人A子さんはビートたけしさんより18歳下の女性といわれています。

 

2018年4月にビートたけしさんと愛人A子さんは「T.Nゴン」という新会社を立ち上げ、たけしさんはその事務所に移籍しています。

 

今回の離婚で、たけしさん側の代理人は「離婚が成立したのは事実ですが、それ以上はお話しすることはありません」と再婚話を否定しているようですね。

 

しかし、この愛人A子さんの存在がなければ、40年連れ添った夫婦が離婚することもなかったのでは?と感じるところもありますね。

 

実際にビートたけしさんも、愛人関係は別にして人宅へ泊っていることは認めているようですね。

 

今回、40年連れ添った奥さんと離婚されたということなので、老後のことなどを考えると、誰かと一緒にいたいと思うことがあるかもしれませんね。

 

愛人A子さんとの再婚は現在は否定していますが、もう少し状況が落ち着いたら「再婚」も考えられるかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ビートたけしさんが元妻である幹子さんへ莫大な慰謝料を支払ったと言われています。

 

世界的にも有名な映画監督なので、年収は130億円くらいあるという噂があるようですね。

 

今回の離婚で元妻の幹子さんへ渡したといわれる莫大なお金は、40年間連れ添ってくれたことへの感謝の気持ちだったのかもしれませんね。

 

たちまち資産がなくなってしまっても、ビートたけしさんほどの人なら、またすぐにお金を稼ぐことができそうですね。

 

お金が貯まるころには、ビートたけしさんと愛人A子さんと「再婚」の発表があるかもしれませんね。