ジャニ-喜多川の病名「くも膜下出血」とは何?最新の現在の容態や病気の理由はなぜか調査

ジャニー喜多川 

いろいろな噂が飛び交っていたジャニー喜多川さんの病名が明らかになりました。

 

病名は「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」ということです。

 

その病名とは何で、なぜジャニー喜多川さんは病気になってしまったのでしょうか?

 

ジャニー喜多川さんが病気になった理由や、原因や最新の現在の容体と回復の見込みはあるのか調べてみました。

ジャニ-喜多川の病名「くも膜下出血」とは

 

いろいろと噂されて心配だったジャニー喜多川さんの病名が明らかになりました。

 

嵐のイベント前に事務所から伝えられたそうです。

 

ジャニー喜多川さんの病名は解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血ということです。

 

解離性脳動脈瘤破裂とは何か調べてみました。

 

脳の動脈の分岐部にできた風船状の嚢状動脈瘤と、脳の血管自体が膨らんでできた本幹動脈瘤群があります。前者の動脈瘤は破裂するとくも膜下出血を生じますが、破裂しない限りは基本的に無症状です。後者の本幹動脈瘤には破裂してくも膜下出血になるものや、脳梗塞になるもの、無症状で安全なもの、進行性に大きくなり脳を圧迫するものなど病態の異なるいくつかのタイプがあります。本幹動脈瘤の中で代表的なものが解離性動脈瘤です。

引用元:昭和大学病院

 

ジャニー喜多川さんはこの解離性脳動脈瘤破裂によってくも膜下出血を起こしてしまったということですね。

 

病気の理由やなぜ起きたのか理由もつたえられていません。

 

突然激しい頭痛や吐き気が起きることもあるようです。

 

突然おこるくも膜下出血のためにジャニー喜多川さんの入院も緊急だったのですね。

 

死亡説がデマでよかったですね。早く元気になってもらいたいですね。

 

スポンサーリンク

ジャニ-喜多川の容態と回復の見込みは?

 

 

緊急搬送されて死亡説まで流れると、ジャニー喜多川さんの容態が気になりますねよね。

 

今回の発表では、詳しい容態までは伝えられなかったようです。

 

最新の現在の情報は、事務所から「今もジャニーは必死に頑張っております」と伝えられました。

 

嵐のメンバーはジャニー喜多川さんが緊急搬送された翌日、19日にお見舞いに行ったとのことで、その後も時間があれば病院へ行っているそうです。

 

現在も意識が戻っていないという情報もあります。

 

現在は嵐のメンバーも回復を祈っている、という状況のようですね。

 

予断を許さない状況が続いているのだとは思いますが、これだけジャニーズ事務所を大きくしたジャニー喜多川さんなので、きっと回復されると信じています。

 

スポンサーリンク

ジャニ-喜多川の病気について世間の反応は?

 

 

世間の反応を調べてみました。

 

みんな1日も早い回復を願っていますね。

 

ジャニーズ事務所にはジャニー喜多川さんがいないと寂しいですよね。

 

ジャニー喜多川さんが早く元気に回復してくれることをお祈りしています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ジャニー喜多川さんの病名が明らかになりました。

 

ジャニー喜多川さんの病名はくも膜下出血ということでした。

 

はやくよくなって回復されることをお祈りしています。

 

【追記】2019年7月9日にジャニー喜多川さんがお亡くなりになられました。

本当に残念でさみしい限りです。

ジャニー喜多川さんのまとめページを作成しています。

以下のリンクから気になる記事がありましたら見ていってください。

ジャニー喜多川さんの記事をまとめページへ