小玉明利氏の死因や病名は何?病気の理由や告別式・お別れの会はいつか調査

元プロ野球近鉄の選手と監督を兼任していた小玉明利さんが死去されたというニュースがありました。

 

小玉明利さんの死因や病名は何だったのでしょうか?

 

病気の理由や告別式・お別れの会はいつなのでしょうか?調べてみました。

小玉明利さんのプロフィールを簡単に紹介

 


児玉昭利(こだま あきとし)さんは元プロ野球近鉄の監督でした。

 

小玉明利さんは兵庫県尼崎市の出身。神崎工高を卒業して近鉄に入団し、1953年から活躍されました。

 

1967年には選手兼任監督を務められました。

 

このときは低迷していたチームを託されたようですね。

 

31歳のときだっというので人望が厚く素晴らしいかただったのですね。

 

児玉明利さんは、阪神への移籍後の1069年に引退されました。

 

スポンサーリンク

小玉明利さんの死因や病名・病気の理由は何?

 

小玉明利さんの死因は病名が「腎臓がん」と報じられています。

 

病気になった理由は定かではありません。

 

腎臓がんは、大腸や胃などのがんに比べると患者数が少ないようですが、高齢化の影響などで最近は増えているようですね。

 

腎臓は沈黙の臓器ともいわれているので、病気が進行していてもわかりづらいようですね。

 

腎臓がんには「腎細胞がん」や「腎盂がん」といったいくつかの種類があるようですね。

 

小玉 明利さんのがんがどの種類だったかというのはわかりませんね。

 

スポンサーリンク

小玉明利さんの告別式・お別れの会はいつ?

 

児玉明利さんのお通夜は5月21日の午後7時からのようですね。

 

告別式は5月22日正午に行われるようです。

 

場所は「大阪府八尾市清水町1の4の40、八光殿葬儀会館 八尾中央」のようです。

 

お別れの会について調べてみましたが、今のところ情報が見当たりませんでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

元プロ野球近鉄の監督である小玉明利さん。

 

周りからの信頼が厚く、近鉄時代には選手としても監督としても活躍されました。

 

引退後は野球評論家としても活動されていたようです。

 

小玉明利さんのご冥福をお祈りいたします。