九州北部の大雨はいつまで?2019年8月の予想天気図や警報・注意報とは?

九州北部大雨 いつまで 天気予想 警報 注意報

九州北部、佐賀県や中国地方を中心に大雨が続いていますね。

 

これ以上被害が拡大しなければよいですね。

 

2019年8月の大雨(豪雨)はいつまで続くのか調べてみました。

 

予想天気図や注意報・警報はどうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク

九州北部の予想天気図は?大雨の理由はなぜ?

 

九州北部の佐賀県を中心に、大雨の影響で道路が冠水したり土砂災害が起きたりしていますね。

 

雨が続いているのは秋雨前線の影響もあるようですね。

 

 

気象庁のサイトを見ると、2019年8月28日17時現在、九州北部や中国地方に警報などが出ている地域が多いです。

 

特別警報が発令されていていったん解除になった地域もあるということです。

 

警報や注意報の詳細は気象庁のサイトで確認してくださいね。

 

 

29日の予想天気図は、前線がくっついている形になっていますね。珍しい形ですよね・・・。
 

佐賀県を中心に大雨が降った理由は、積乱雲のようなぶ厚い雲が発達した線状降水帯が発生したからだということです。秋雨前線の影響もあるようですね。

 

スポンサーリンク

九州北部大雨はいつまで?

 

 

大雨はいつまで続くのでしょうか?九州北部の被害拡大が心配ですね。

 

ニュースによれば、2019年8月28日午後には雨が小降りになったところもありますが、28日夜から29日にかけて再び雨が強まる予想ということです。

 

明るいうちの避難や、避難できないときは2階など高い場所にあがってくださいと呼びかけています。

 


週間予報を見ると雨が降ったりやんだりで、しばらくスッキリ晴れる天気にはならない予報です。

 

通常なら夏の終わりで残暑が厳しいころなのに、大雨で被害が拡大して心配ですね・・・。

 

気温も下がっているので体調を崩さないように、朝晩は薄手のものを羽織るなどしたほうがよいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

九州北部から中国地方にかけて大雨が降っていますね。

 

急に大雨が降った理由は、積乱雲のようなぶ厚い雲が重なって線状降水帯が停滞したからということでした。

 

九州北部の大雨はいつまで続くか調べてみましたが、2019年8月28日の夜から29日にかけて雨が降り、しばらくスッキリしない天気が続く予想となっています。

 

九州豪雨を思い出して明るいうちの早めの避難をしたほうがよさそうです。

 

2019年の九州豪雨については「九州豪雨はいつまで続く?2019年災害級の原因や理由はなぜか梅雨明けを大予想!」の記事に書いていますので参考程度に読んでくださいね。