災害級大雨はいつまで?大雨特別警報の可能性もあると呼びかけ

九州で大雨が続いていて心配ですね。

 

今後、大雨特別警報が出る可能性もあると言われています。

 

この災害級の大雨はいつまで続くのか、7月3日の午後にミヤネ屋で放送されていた最新の情報を紹介します。

スポンサーリンク

災害級大雨はいつまで?

 


2019年7月3日のミヤネ屋の放送で、これからの降水エリアを予想していました。

 

湿った空気がどんどんと流れ込んでくるので、九州の南部を中心に今晩(2019年7月3日~4日)大雨が予想されるということです。

 

3日夕方からは四国や近畿、東海でも雨が強まるところがあります。

 

その後、関東や北陸や信越でも活発な雨雲がかかってくる予想です。

 

降水エリアを予想図では、明日(4日)の朝には、九州にかかる雨雲はなくなっていました。

 

九州の大雨は今晩が山場だということです。

 

スポンサーリンク

大雨特別警報の可能性も

 


今後大雨特別警報の可能性もあると伝えています。

 

夜暗くなって非難するのはかなり難しいので、明るいうちに避難してくださいと呼びかけていました。

 

災害級の九州の大雨は、先ほど書いたように、今晩7月3日が山場ということですが、川の水が増えてくるのは雨が降った後になります。

 

雨が止んだ後に、川が増水したり山が崩れたりすることもあるので注意してくださいということです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

大雨が続いていて九州の方は大変で、本当に心配ですね。

 

今の情報では、九州の雨のピークは、7月3日夜から4日の朝にかけてということでした。

 

明るいうちに避難してくださいね。

 

早く雨が止むことを祈っています。

 

2019年7月3日10時の気象庁の記者会見と16時のNHKニュースの内容は「大雨特別警報はいつ出る? 2019年7月(九州大雨)気象庁の臨時会見を紹介」の記事に書いています。

 

九州の大雨については「九州豪雨はいつまで続く?2019年災害級の原因や理由はなぜか梅雨明けを大予想!」の記事にも書いています。