大雨特別警報はいつ出る? 2019年7月(九州大雨)気象庁の臨時会見を紹介

九州で記録的な大雨が続いていて、本当に心配ですね。

 

大雨特別警報が出ると伝えられていますが、いつ発表になるのでしょうか?

 

気象庁の臨時記者会見や、2019年7月3日16時のNHKニュースの内容を合わせて紹介します。

スポンサーリンク


気象庁の臨時記者会見を紹介

 


昨日に引き続き、2019年7月4日午前10時過ぎに気象庁が臨時の記者会見を開きました。

 

会見では次のように伝えられていました。

 

これから4日の夜にかけてより一層大雨となって災害の発生の恐れが高まる見込みです。

 

住民の方々は自らの命は自らが守るという意識を持って、自ら周囲の雨の高まり確認し、自治体や気象庁が発表する情報を確認して特別警報を待たずに早めに避難してください。

 

日本付近に停滞している梅雨前線は、一段と活動が活発となっています。少なくとも6日頃まで前線が停滞し雨が続くことがあります。

 

特に4日夜にかけて西日本や東日本では局地的に猛烈な雨の見込みがあります。

 

 

スポンサーリンク

NHKニュースの内容を紹介

 

 

九州で記録的な大雨で本当に心配ですね。

 

2019年7月3日16時からのNHKニュースで放送されていた内容は次のようなものでした。

 

九州では非常に激しい雨が断続的に降り、とくに北部ではこれから夜にかけて、南部では今夜遅くから明日昼前にかけて、局地的に1時間80 mm 以上の猛烈な雨の恐れがあります。

 

これは「平年の7月1か月分超の雨が1日で降るおそれ」ということです。

 

九州を中心に災害が発生してもおかしくない大雨の恐れがあるということです。

 

スポンサーリンク

大雨特別警報はいつ出る? 

 

 

大雨特別警報がいつ出るかということについては、気象庁の発表でも NHKのニュースでも同じ内容でした。

 

いつ大雨特別警報が出るかという、はっきりした時間は伝えられませんでした。

 

非常に激しい雨が同じ地域で数時間続くような場合には大雨特別警報を発表する可能性もあるということです。

 

特別警報を待つことなく明るいうちに早めの避難をして下さいと何度も呼びかけていました。

 

暗くなったり状況が悪化したりすると非難が難しくなるのでとにかく早く避難してくださいということでした。 

 

大雨特別警報が出たときは、「激しい雨が数時間続いているとき」ということになるので、大雨特別警報が出てから避難するのは危ないということですね。

 

大雨特別警報が出る前に避難したほうがよさそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

大雨特別警報は、同じ地域に以上に激しい雨が数時間続いて降るような場合に出るということでした。

 

今後の情報に注目して、早めの避難をした方が良さそうですね。

 

避難されている方の安全と、早く雨が止んでくれることを願うばかりです。

 

【追記】2019年7月3日午後に、ミヤネ屋で放送していた最新情報は「災害級大雨はいつまで?大雨特別警報の可能性もあると呼びかけ」の記事に書いていますので読んでください。

 

九州の大雨については「九州豪雨はいつまで続く?2019年災害級の原因や理由はなぜか梅雨明けを大予想!」の記事にも書いています。