肺ペストとは何?症状や予防法は?流行で感染拡大の可能性はあるか調べた

ニュースで出てきた「肺ペスト」という病気。感染力が強く致死性もあるというので怖いですね。

 

肺ペストとは何で患者にはどんな症状が出るのでしょうか?また予防法はあるのでしょうか?

 

肺ペストが日本で流行、感染が拡大する可能性はあるのか個人的に調べてみました。

肺ペストとは何?

 

 

中国の北京で肺ペストの患者が治療を受けているそうです。

 

ペストとは何か調べてみると、ペストとは病原菌によって引き起こされる感染症で

 

  • 虫のノミの吸血で感染する腺ペスト
  • 感染者やげっ歯類から飛沫感染する肺ペスト

 

上の2つがあって、さらにそれから進展するペスト敗血症というのもあるそうです。

 

げっ歯類とは動物の総称で「リス、ネズミ、ヤマアラシなど…」物をかじるのに適した歯や顎がある哺乳類のこととなっていました。

 

飛沫感染というのはせきやくしゃみで飛び散ることで、人から人に感染してしまいます。

 

肺ペストとは何かというと、感染した人や動物から細菌が飛んで感染してしまうことなんですね

 

スポンサーリンク

肺ペストの症状とは?

 

肺ペストはどんな症状が出るのかというのも気になって調べてみました。

 

多くの場合の潜伏期間は 2 – 7日で、全身の倦怠感に始まって寒気がし、39~40℃の高熱が出る。

その後、ペスト菌の感染の仕方と症状の出方によって腺ペスト、肺ペストなどに分けられる。

引用元:Wikipedia

 

通常は曝露してから1-7日の潜伏期間の後に高熱、頭痛、嘔吐等の症状が出現します。

肺ペストは腺ペストに比較して潜伏期が短く、急激に進行する呼吸困難、血痰等の呼吸器症状が急激に進行します。

引用元:Yahoo!ニュース

 

肺ペストの症状はおもに、頭痛や発熱や呼吸困難などがあるのですね。

 

治療しなければ死に至ることもあるというので本当に怖い病気です。

 

症状を知っておけば万が一のときに役立つかもしれません。

 

スポンサーリンク

肺ペストの予防法とは?

 

肺ペストの予防法はあるのか調べてみました。

 

肺ペストの予防法としては、菌を持っている動物などに近づかないことが大切ですね。

 

飛沫感染するということなので、個人的にはマスクも有効な予防法になるのかなと思います。

 

必要以上に人混みの中に行かないなど、インフルエンザのときのような予防法が有効かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

肺ペストの流行で感染拡大の可能性は?

 

 

現在、中国などで肺ペストの感染拡大を防ぐ措置をとっていると伝えられています。

 

とにかくパニックにならないようにと呼び掛けているそう。

 

日本で感染拡大の可能性は低いと言われていますが、こればかりはどうなるかわからないですよね。

 

感染症法の1類感染症に指定された1999年から肺ペストは日本での発生がないということなので、このまま菌が流行しないでほしいなと願うばかりです…。

 

スポンサーリンク

肺ペストとは何?症状や予防法は?まとめ

 

中国の北京で肺ペストの患者が治療を受けているというニュースがありました。

 

肺ペストの感染方法は、菌が人や動物から飛沫感染などでうつっていくそうです。

 

肺ペストの症状には発熱や頭痛や嘔吐などがあり、疑いがあるときは早急に専門医の治療を受ける必要があるといいます。

 

肺ペストが感染しないように呼び掛けているということ。病気が流行しないでほしいなと思います。