眞島秀和の若い頃の画像!イケメンで顔が変わらない噂は本当?

眞島秀和 若い頃

大河ドラマ『麒麟がくる』に登場した細川藤孝役の眞島秀和さん。

現在は落ち着いた感じでかっこいいですが、若い頃もかなりのイケメンでした!

眞島秀和さんの若い時のかっこいい画像の紹介や、今と昔の比較などしてみました。

スポンサーリンク

眞島秀和の若い頃とは

山形県出身の眞島秀和さんは、山形県立米沢興譲館高等学校から国士舘大学法学部に進学しています。

卒業したら就職する予定が、大学を中退し俳優デビューすることになったそうです。

突然、眞島秀和さんが俳優を目指すきっかけになったのは、大学の達がダンスを始めたことだったといいます。

眞島秀和さんは元々テレビを見ることが好きで、セリフなどに興味があったとも語っています。

眞島秀和さんのデビュー作は、映画『青〜chong〜』。

これは李相日監督のデビュー作品でもあったため、眞島さんは運命を感じたのだとか。

その後、眞島秀和さんは

  • 2002年『ダブルスコア』
  • 2003年『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』
  • 2004年『スウィングガールズ』
  • 2004年『プレミアムステージ 犬神家の一族』
  • 2007年『海峡』
  • 2007年『HERO』
  • 2008年『チーム・バチスタの栄光 』

などなど、眞島秀和さんは若い頃から多くのドラマや映画に出演しています。

 

スポンサーリンク

眞島秀和の若い頃の画像

デビュー作『青〜chong〜』の眞島秀和さん。

若い頃もイケメンですね!

こちらは『キューティーハニー』に出演の眞島秀和さん。

2007年『HERO』眞島秀和さん。

眞島秀和さんも若いですが、共演の松たか子さんと木村拓哉さんも若いですね^^

 

スポンサーリンク

眞島秀和の今と昔の比較

俳優の眞島秀和さんは、今と昔であまり顔が変わっていないような気がしませんか。

そこで眞島秀和さんの今と昔の画像を比較してみました。

こちらが若い頃の昔の眞島秀和さん。

そして、こちらが現在の画像。

眞島秀和さんの今と昔を比較してみました。

自然に年齢を重ねている感じはするものの、個人的にはあまり変わっていないかなと思いました。

40歳になっても、若い頃と変わらずかっこいい眞島秀和さん。

今後の活躍がますます楽しみですね!

◆関連記事◆

長谷川博己 若い頃 長谷川博己の身長体重は71㎏?小顔のモデル体型がかっこいい!