仲野太賀の父親は中野英雄【画像】若い頃はドラマのチョロ役で一世風靡!

ドラマ『映画の母物語』で俳優デビューし、現在人気ドラマや映画に出演している俳優の仲野太賀さん。

仲野太賀さんは演技が上手く「表情がいい!」と人気上昇中です。

そんな仲野太賀さんのお父さんは、俳優の中野英雄さん。

今回は仲野太賀さんの父親・中野英雄さんについて紹介します。

スポンサーリンク

仲野太賀の父親は中野英雄!顔画像や年齢などプロフィール紹介

『今日から俺は!!』や『この恋あたためますか』など人気ドラマで活躍している俳優の仲野太賀さん。

公式で発表はされていないようですが、仲野太賀さんの父親は俳優・中野英雄さん。

家族構成では、仲野太賀さんは次男となります。

上のツイッターも、父の英雄さんが息子のドラマをいいねと投稿しています。

親子の仲はよさそうですね!

仲野太賀さんの父親・中野英雄さんとはどんな人なのか?

画像やプロフィールを紹介します。

仲野太賀の父親の顔画像は?

こちらが中川太賀さんの父親・中野英雄さんの画像です。

(出典:https://twitter.com/bugsyinc)

優しそうな父親の中野英雄さん。

現在の年齢は何歳なのでしょうか?

仲野太賀の父親のプロフィールは?

仲野太賀さんの父親・中野英雄さんのプロフィールです。

本名 中野英雄 読み方:なかのひでお
生年月日 1964年12月22日
年齢 55歳 (2020年11月現在)
出身地 京都府京都市
身長 172cm
血液型 A型

仲野太賀さんの父親の中野英雄さんの年齢は55歳

㊤の画像は55歳より若く見えますね。

現在は、中野英雄さんと的場浩司さん・本宮泰風さん・山口祥行さんと『ネオVシネ四天王』と呼ばれているそう。

昔は人気ドラマに出演し、切ない演技が話題になりました。

 

スポンサーリンク

仲野太賀の父親の若い頃の画像!ドラマのチョロ役で一世風靡

仲野太賀さんの父親は、若い頃ドラマ『愛という名のもとに』に出演。

中野英雄さんがドラマで演じたのは『チョロ』という役でした。

こちらが父親・英雄さんの若い頃の画像です。

MEMO
ドラマ『愛という名のもとに』のチョロ。名前は倉田篤。

大手証券会社に勤務する真面目な人ですが、仕事の業績は悪く上司にも叱られる役柄です。

フィリピンの女性に騙され、顧客のお金を横領し、最後には亡くなってしまうという悲しいストーリー。

若い頃の中野英雄さんを見ると、目のあたりが息子の太賀さんに似てる感じがしますね。

 

スポンサーリンク

仲野太賀の父親が出演したドラマ『愛という名のもとに』とは

 

(出典:https://twitter.com/fujitv_nexco)

『愛という名のもとに』は、1992年に放送された人気ドラマです。

主演は鈴木保奈美さん。

そのほかの出演者は唐沢寿明さん・江口洋介さんなど。

あらすじは、かつて大学のボート部で青春時代を過ごした7人の仲間が、3年後に再会。

理想と現実のギャップに悩みながらも、前向きに生きようとするストーリーでした。

最終回は最高視聴率32.6%を記録。

主題歌は浜田省吾さんのヒット曲『悲しみは雪のように』でした。

 

スポンサーリンク

仲野太賀と父親の中野英雄『苗字』が違う理由はなぜ?

仲野太賀さんと父親の中野英雄さん。

実の親子のはずなのに・・・よく見ると『苗字』の漢字が違うんですよね。

  • 中野英雄・・『中』
  • 仲野太賀・・『仲』

『なか』の漢字が違っています。

太賀さんのデビューは2006年13歳のとき。

デビュー当初は『太賀』という芸名を使っていました。

その後、

太賀さんは、2019年6月24日から芸名を『仲野太賀』と変更しています。

その理由は『俳優として生きていく決意』としての改名。

本名の『中野』ではなく、仲間の『仲』の漢字を選んだということでした。

父で俳優、中野英雄(54)の次男であり、本名の“中野”と「“仲間”との出会いが俳優人生の財産」と実感したことから「仲野」の表記を選んだ。

太賀は「改名は俳優として生きていく決意の表れ。

これが日本映画だという作品を作りたい」と“新章”に意気込んだ。

(引用元:サンスポ

現在、ドラマ『この恋あたためますか』でブレイク中の仲野太賀さん。

今後の活躍がさらに楽しみですね!