老後資産2000万円必要の理由や原因はなぜ?今からできる貯蓄や節約術とは

老後赤字が2000万円になるため、今から貯蓄などが必要と発表されましたね。

 

突然、老後資産が2000万円必要ということを聞いて驚いてしまいました。

 

年金が2000万円足りないと言われる理由や原因はなぜで、いつまでに必要になるのでしょうか?

 

今からできる貯蓄や節約方法を調べてみました。

スポンサーリンク

老後資産が2000万円足りないといわれる理由や原因はなぜ?

 

 

2019年6月3日に金融庁が高齢社会における資産形成・管理の報告書を取りまとめたようです。

 

それによれば、65歳以上の夫と60歳以上妻の夫婦が30年間、年金に頼って生活すると、約2000万円が不足しそうだというものでした。

 

老後の生活を送るための「年金」と思っていたのに、2000万円も足りといわれると困ってしまいますね。

 

 

医療の技術も進み100歳まで生きる時代だと言われ始めましたね。

 

昔は死亡年齢も低かったので、もともと年金は100歳まで生きる人が多い計算ではなかったということも理由の1つのようですね。

 

さらに今後は退職金も年金も少なくなるという厳しい現実もあるようですね。

 

少子高齢化が進むとこのままの年金は維持できない可能性があるようですね。

 

大学や大学院を卒業した高学歴の人でも、退職金が下がっているようですね。

 

今回の「年金が2000万円足りない」という発表は、年金が少なくなったときのために、若い人に自分でお金を貯めておいてほしいというメッセージが込められていたように思いますね。

 

スポンサーリンク

老後資産の2000万円はいつまでに必要か

 

 

2000万円が必要になる時期は個人差がありますよね。

 

生活する場所やスタイルによっても生活で使う金額は異なりますね。

 

長生きすればするほど生活費がかかります。

 

人生100年と考えたとき、仕事をどうするかという問題があります。

 

ほとんどの人は次の3つのことから選択するようになると思います。

 

  • 定年後も同じ会社で働く 
  • 早期退職をして再就職する
  • 今よりスキルアップをして仕事する

 

年金では2000万円が足りないというのは夫婦が健康で生き続けたときの金額です。

 

病気になったり介護が必要になったりした場合には、プラスのお金がかかることになります。

 

体が元気なら仕事をすることもできますが、病気になると難しいですね。

 

そのため若いときから無駄遣いをしないで貯めておくことが大切だということになりそうですね。

 

体が思うように動かなくなってくる60~70歳までには貯めておきたいですね。

 

スポンサーリンク

「老後資産2000万円不足」ために今からできる貯蓄や節約術は?

 

補助金やお得チケットの利用

 

 

地域によれば、年齢に応じてバス乗り放題のチケットがあるようですね。

 

緑を育てるとお金がもらえる助成金の制度もあるようです。(生垣緑化助成金)

 

都会に住むと金がかかるので地方や地元に戻って住むと起業支援の助成金や住宅補助がでる地域もあるようです。

 

子供がいる場合には子育て支援も地方の方が充実している場合があります。

 

長期の積立でお金を増やす

 

NISA(ニーサ)やiDeCO(イデコ)でお金を増やすことができるかもしれませんね。

 

少ないお金で積立ができたり、非課税になったり、現金化できるというメリットがあるものもあります。

 

携帯電話の料金プランや光熱費・食費の見直しをするのも1つの方法です。

 

毎日生活の中でコツコツと出来る範囲で節約し、さらに金融商品で資産を増やすことが有効な方法といえそうですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

年金が2000万円足りない理由を調べてみましたがいかがでしたか。

 

年金が足りないのは、高齢化が進んでいるので、年金の仕組みが追い付いていないことが理由1つのようですね。

 

今回の発表には若い世代に貯蓄をしといたほうがよいというメッセージと、金融商品を活用してほしいという意図も見えますね。

 

今後さらに寿命が長くなっていくことを考えると、節約したり資金運用をして老後にお金を貯めておく方がよさそうです。