荻野真さん(孔雀王)お別れの会はいつ?参列するときマナーは?

「孔雀王」の漫画家、荻野真さんが59歳の若さで亡くなられましたね。

 

ファンが気持ちを伝えられるお別れの会はいつあるのでしょうか?

 

またお別れの会に参列するときのマナーはあるのでしょうか?

荻野真さんお別れの会はいつ?

 

荻野真さんが亡くなられたのは2019年4月29日ということです。

 

5月8日には、近親者のみですでに告別式は執り行ったようですね。

 

調べた限りではまだお別れの会の情報はありませんでしたが、人気のある先生なのでファンのかたのためにも、お別れの会を開いてくれるのではないかと思われます。

 

荻野さんに感謝を伝えたいファンは多いですよね。

 

同じ50代で亡くなられた漫画家さくらももこさんの場合は、2018年8月15日に死去され、11月16日にお別れの「ありがとうの会」が開かれました。

 

 

東京の青山葬儀所で、会場にはさくら色のカーペットが敷かれ、お花やまるちゃんの仲間たちの絵でいっぱいだったそうです。

 

1,000人以上のファンが参列されたそうですよ。

 

一般的には、有名人のお別れの会は葬儀後の1カ月~2カ月後に行われることが多いです。

 

しかし、さくらももこさんのお別れの会は葬儀から約3カ月経っていましたね。

 

そのことから考えても荻野真さんのお別れの会は6月~7月頃、または気候のよい秋に行われるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

荻野真さんのお別れの会のマナーは?

 

お別れの会にファンも参列できるときは、公式なホームページで発表になる場合が多いです。

 

(荻野さんの訃報は「孔雀王」が連載された『ヤングジャンプ』の公式サイトで発表されたようです。)

 

服装に悩む人がいるかもしれませんが、ファンの1人として参列するなら改まった式服でなくても大丈夫です。

 

故人をしのぶ会なのであまりに華美な服装は控えたほうがよいです。

 

お別れの会では献花台があると思います。

 

ホームページなどの注意書きを確認して準備するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

「孔雀王」で人気の荻野真さんが永眠されたというニュースがありました。

 

お別れの会があればこれまでの感謝を伝えたいですね。

 

荻野真さんのご冥福をお祈りいたします。