【話題】千葉雄大と成田凌が似てる!インスタ画像≫

オンライン帰省とは何?メリット・デメリットや評価を調べてみた

オンライン帰省

安倍晋三首相が発言した、オンライン帰省という言葉が話題です。

コロナの感染拡大を防ぐための『オンライン帰省』とは何でしょうか?

オンライン帰省のメリット・デメリットや、評価なども調べてみました。

スポンサーリンク

オンライン帰省とは何?

2020年4月22日の夕方、安倍晋三首相が会見を開きました。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため

ゴールデンウィークについても帰省するのではなく、

『オンライン帰省』を行うなど、

行動を見直していただき8割削減にご協力をお願いしたい。

と伝えました。

オンライン帰省という言葉は、新しく出てきた言葉のようです。

1番初めに使ったのは、安倍晋三首相ということになるのでしょうか?

誰が考えた言葉かわかりませんが、

オンライン帰省とは、ビデオ通話などを利用して連絡をするということのようです。

 

スポンサーリンク

オンライン帰省のメリットとデメリット

オンライン帰省のメリットとデメリットは何でしょうか?

デメリット

まずオンライン帰省のデメリットは、実際に会うことができないという点ではないでしょうか。

いくらテレビ電話で顔が見えても、実際に会って話をするのとは違いますよね

オンライン帰省は、寂しいと感じる人もいるかもしれませんね。

また、

  • 携帯電話やパソコンなどが必要
  • 通信料がかかる問題

このあたりも気になるところです。

メリット

オンライン帰省のメリットとは何でしょうか?

  • 交通費がかからない
  • 行き帰りの時間がかからない

オンライン帰省の方が、気が楽という人もいるかもしれませね。

なによりも、

人との接触を減らすことができる、というのが大きなメリットですね。

 

スポンサーリンク

オンライン帰省に対する世間の評価は?

相手がスマートフォンやパソコンが使えないという場合。

個人的には、電話だけでも嬉しいかなと思います。

今年の連休は、新型コロナの感染を広げないことが大切なので。

オンラインをうまく利用して、『3蜜』にならないように心がけたいですね。

◆関連記事◆

アベノマスクがいらない人はどうする?寄付先や受け取り拒否など