大坂なおみ会見拒否の理由がヤバい!なぜブーイングされるのか強さの秘密を調査!

女子テニスのネイチャーバレー・クラシックに出場していた大坂なおみ選手。

 

2回戦で敗退し、その後の会見を拒否したというニュースがありました。

 

女子ツアーを統括するWTAによると、会見拒否の大坂なおみ選手には罰金が科せられるというのです。

 

大坂なおみ選手はなぜ会見拒否したのでしょうか?

 

全米オープンでブーイングがあった理由や、大坂なおみ選手の強さの秘密も調べてみました。

スポンサーリンク

大坂なおみ選手が会見拒否した理由とは?

 

 

いつも記者会見で私たちを楽しませてくれる大坂なおみ選手。

 

チャーミングな受け答えが印象的です。

 

それなのに、「会見拒否で罰金」というニュースがあったので驚いてしまいました。

 

大坂なおみ選手が会見拒否した理由を調べてみると次のことがわかりました。

 

女子テニスのネイチャーバレー・クラシックに出場していた大坂なおみ選手は、シングルスの2回戦で、世界ランキング43位のユリア・プティンツェワと対戦しました。

 

その結果2―6、3―6とストレートで敗れてしまいました。

 

選手は、ユリア・プティンツェワ選手はあまり弾まないスライスショットを使ってきたので、大坂なおみ選手は思うようなテニスができなかったのです。

 

自分より格下の相手に負けてしまったこと。

 

ストレート負けだったこと。

 

2回戦だったこと。

 

この3つが重なって大坂なおみ選手はショックを受けたのでしょうね。

 

おそらく世界ランキング1位の大坂なおみ選手が、世界ランキング43位の選手にまけてしまったことが会見拒否の理由といえそうですね。

 

大坂なおみ選手はまだ21歳の若さなので落ち込んでしまっても仕方ないように感じます。

 

でも世界ランキング1位なので、会見を拒否せずテニス界のルールは守ってほしいとも個人的には思いますね。

 

スポンサーリンク

大坂なおみはなぜブーイングされるのか?

 

 

全米オープンテニス決勝でセリーナ選手と対戦したときブーイングがありましたね。

 

試合は大坂なおみ選手が優勝したのですが、表彰式でもブーイングが起こり、大坂なおみ選手が涙してしまったのです。

 

実際は大坂なおみ選手に向けたブーイングではなかったということですが、大坂なおみ選手にとってはショックなことだったでしょう。

 

試合中にセリーナ選手のコーチが禁止行為ととれる暴言をはいたことや、大切な場面でセリーナ選手がラケットをこわしたこと、審判に抗議したことなどがありました。

 

観衆の怒りが表彰式で優勝した大坂なおみ選手へのブーイングのようになってしまいました。

 

今回の会見拒否は罰金問題になっていますが、このときのブーイングから大坂なおみ選手は傷ついていたのかもしれないと個人的には思いますね。

 

コーチも変わってしまったし、大坂なおみ選手の心のケアをしてくれる人が近くにいればよいですね。

 

スポンサーリンク

大坂なおみの強さの秘密とは

 

 

今回は世界ランキング43位の相手に負けてしまいましたが、いつもの大坂なおみ選手の強さはすごいですよね。

 

大坂なおみ選手は身長が180cm、体重69kgとしっかりした体つきです。

 

テニスのプレーは、攻撃的でパワフルですね。

 

特にサーブは最高時速200㎞/hともいわれるほど速いです。

 

これは男性並みのスピードなので、女子選手が対応するのは難しいサーブです。

 

錦織圭選手よりも速いサーブだという情報もあります。

 

 

また大坂なおみ選手の強さはメンタルにもあると言われています。

 

試合中には自分を我慢させて気持ちをコントロールしているのです。

 

世界ランキング1位になる前は、我慢するのが苦手だったと言っていましたね。

 

トレーニングでメンタルを鍛えたそうです。

 

今回2回戦で敗退してしまったことは、大坂なおみ選手からすれば「自分をコントロールできなかった」わけなので、かなりショックだったのではないでしょうか。

 

すぐに気持ちを切り替えるのは難しいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

大坂なおみ選手や会見拒否をして罰金が科せられると話題になっています。

 

2回戦で格下の相手にストレートで負けてしまったことが会見拒否の理由ではないかと思われますね

 

以前ブーイングを受けていたこともあるので、精神的に不安定なのかもしれません。

 

世界ランキング1位になるとプレッシャーも大きいですよね。

 

大変だとおもいますが、以前のようなチャーミングな笑顔をみせてもらいたいですね。