【厚労省】加藤大臣の学歴や経歴!嫁についても≫

ペースメーカーの故障の症状や原因とは?必要な病気は何?死去の理由はなぜ?

ペースメーカー

心臓にペースメーカーが必要になる病気の病名とは何があるのでしょうか?

 

心臓にペースメーカーを植え込んでいる時、ペースメーカーの故障はなぜ起こるのでしょうか?

 

ペースメーカーの故障が原因で亡くなる場合もある?死去の理由とは?気になることを調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

ペースメーカーとは?

 

 

㊤の日本経済新聞の記事によると、

 

世界最小のペースメーカーは10円玉くらいの大きさということで、小型軽量化の最新の技術に驚いてしまいますね。

 

心臓に埋め込むペースメーカーとは何か調べてみると、

 

心筋に電気刺激を与えることで

 

必要な心収縮を発生させる

 

医療機器である

 

引用元:Wiki

 

一般的な心臓のペースメーカーとは、発振器とその刺激を心臓に伝えるリード線で作られているものですね。

 

一般的なペースメーカーの大きさは手のひらに乗るサイズで、電池の寿命は5~10年程度のものが多いようです。

 

 

現在では電池交換するペースメーカーが主流ですが、最近は心臓の動きを発電に使うという技術開発も進んでいるということ。

 

電池交換の必要がなければ、手術でリスク減るようなので安心ですね。

 

スポンサーリンク

ペースメーカーが必要な病気の病名は何?

 

ペースメーカ―が必要な病気の病名について調べてみると、

  • 洞不全症候群
  • 房室ブロック

㊤のような病気の時にペースメーカーが使われるという情報がありました。

 

脈拍が遅くなる病気にペースメーカーを使うようになるんですね。

 

脈拍が遅ければ脳へ送る血液が少なくなり、ふらつきなどの症状が出る場合があるそうす。

 

また脈拍が遅くなると体に送る血液の量も少なくなってしまうので、疲れやすいという症状が見られることもあるそうですよ。

 

スポンサーリンク

ペースメーカーがリコール!故障の症状や原因とは?

 

 

㊤の朝日新聞によると、2019年1月に心臓のペースメーカーに不具合があり自主回収することになったという記事が出ています。

 

体内に埋め込むタイプの心臓ペースメーカーに不具合が見つかったとして、

 

医療機器メーカーの「日本メドトロニック」(東京都港区)

 

は18日、計1158台について、

 

自主回収の対象とすると発表した。

 

引用元:https://www.asahi.com/articles/ASM1L6W52M1LUTIL05L.html?ref=tw_asahi

 

㊤のリコールの記事では集積回路に不具合があったようですが、リコールが見つかったときは患者の健康被害の症状は確認されていなかったのでよかったですね。

 

  • 電池で動いているペースメーカーは電池の減りを調べる
  • 患者の状況に応じてペースメーカーの設定を変える

 

故障していないペースメーカーでも、定期的に㊤のように点検しておくことが大切になるんですね。

 

スポンサーリンク

ペースメーカーの故障の症状や原因とは?死去の場合も?

 

リコール以外のペースメーカーの故障の原因として、次のことが考えられています。

 

  • リードの不完全断線や偏移
  • 電池部分の皮膚のケガ⇒感染
  • 不整脈治療薬とペースメーカーが合っていないとき

 

ペースメーカーの故障には、骨と骨の摩擦でリード線が痛んでしまうということがあるようです。

 

またペースメーカーを埋め込んで間もない時は、リードの固定が緩んでしまうという故障も。

 

リードが抜けてしまうと命に係わるので、その場合は緊急の手術になるかもしれません。

 

スポンサーリンク

ペースメーカーの故障の原因とは?まとめ

 

 

心臓に埋め込むペースメーカーとはどのようなものか調べてみました。

 

一般的なペースメーカーは発振器とリードでできていて、手のひらサイズの大きさ。

 

最近のペースメーカーは小型化していることがわかりました。

 

電池なしのペースメーカーも作られているようなので、

 

今後はさらに安心して使えるペースメーカーが開発されていくことを期待したいですね。