塩江 ホタル祭りの混雑状況!駐車場や時間の注意点

大自然の中で蛍を見ることができる、毎年大人気の香川県高松市の塩江ホタルまつり

 

当日は、どれくらい混雑するのでしょうか?

 

混雑状況や駐車場・時間の注意点をまとめてみました。

塩江 ホタル祭りとは?

 

塩江ホタルまつりとは、 香川県の塩江温泉観光協会が毎年行っているイベントです。

 

地元の人だけでなく近隣地域からも、ほたるやステージを楽しみにたくさんの人が集まってきます。

 

塩江町の行基の湯前広場というところで、午後から夜にかけて開催されます。

 

毎年お笑い芸人などが来るのでとても盛り上がります。

 

普段は静かな温泉観光地ですが、塩江ホタル祭りのときは大勢の人でにぎわいます。

 

スポンサーリンク

塩江 ホタル祭りの混雑状況

 

香川県は人口が少ないので、混み合うといっても「大したことないかな」と思うかもしれませんね。

 

しかし塩江に向かう道路は片側一車線ずつの場所が多く、 車が増えてくると進まなくなってしまいます。

 

 

夕方、暗くなるころに渋滞し、混雑してきます。

 

「屋台で何か食べて、ホタルを見て帰ろう」と同じようなことを考えている人が多いのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

塩江 ホタル祭りの駐車場や時間の注意点

 

塩江ホタル祭りに行くなら早めにでかけるのがおすすめです。

 

 

夕方ごろは特に車が渋滞します。

 

会場付近の市道が鑑賞コースになるため、通行止めになったり一方通行になったりします。

 

詳細は塩江ホタル祭りのホームページで確認してくださいね。

 

「明るいうちからおまつりに行くと、ホタルが出るまで待ち遠しい」と思うかもしれませんが、渋滞を回避したい人は早めにお祭りに行くほうがよさそうです。

 

塩江ホタルまつりのステージでは芸人だけでなく様々なイベントが行われています。

 


明るいうちにお祭りを満喫して、暗くなったらホタルを見て、早めに帰るというスケジュールがおすすめですね。

 

帰りは、駐車場を出るのにも時間がかかることがあります。

 

子供連れで行くときは疲れて寝てしまうかもしれないので、子供用のブランケットなどを持っておくとよいかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

塩江ホタルまつりは、地元の子供たちや芸能人が来る楽しいイベントもあるのでとても盛り上がります。

 

毎年人気のため夕方近くになると渋滞することが多いです。

 

なるべく混雑する時間を避けて出かける方がよさそうです。