【厚労省】加藤大臣の学歴や経歴!嫁についても≫

宍戸錠の死因は心不全?病気の理由は何でなぜ亡くなったのか調査

俳優の宍戸錠さんが亡くなったと報じられています。

宍戸錠さんの死因は何なのでしょうか?

宍戸錠さんの病気や病名とは?なぜ亡くなったのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

宍戸錠の死因は何?

 

俳優の宍戸錠さんが亡くなったと報じられています。

宍戸錠さんは頬にシリコンを入れる豊頬手術を受けていたので、それが原因かな?と思ったのですが、Wikiによれば自宅で倒れているところを発見されたとのこと。

2020年1月21日、死去していることが明らかとなった。東京都内の自宅で倒れているのが発見されたという

引用元:Wikipedia

宍戸錠さんは現在86歳という年齢。現在はやせていたようですが、高齢で自然死というには若すぎるような気がしますね。

寒い時期に倒れていたということなら、宍戸錠さんの死因は心臓発作などでしょうか。

それとも宍戸錠さんに持病などあったのでしょうか…?

 

スポンサーリンク

宍戸錠は病気だった?病名は何?

 

宍戸錠さんは79歳ごろ、火事で家が全焼してしまうという出来事がありました。

当時、宍戸錠さんは痩せていたので「病気なのでは?」という心配の声が多く、死亡説まで流れていました。

宍戸錠さんの病気について調べてみると、2006年に虚血性心不全と診断されて、冠状動脈カテーテル・バルーン手術を受けた過去があったようですね。

虚血性心不全とは、心筋への血流が阻害されて心臓に障害が起こる病気。

冠状動脈カテーテル・バルーン手術というのは、冠動脈の狭くなったところでバルーンを膨らませて血管を正常に戻す手術なんだそうです。

心臓の手術を受けていたということなら、もしかすると宍戸錠さんは心臓の病気が原因で亡くなったのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

世間の声

 

宍戸錠さんのご冥福をお祈りします。