アルヴィン・サージェント氏の死因や病名は?なぜ死去?告別式やお別れの会はある?

映画「スパイダーマン」などの脚本を手掛けたアルヴィン・サージェント氏が亡くなられたというニュースがありました。

 

死因や病名は何でなぜ亡くなったのでしょうか?

 

告別式やお別れの会はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

アルヴィン・サージェント氏とは?

 

アルヴィン・サージェント氏はアメリカ合衆国ペンシルベニア州出身の脚本家です。

 

生年月日は1927年4月12日。

 

2019年5月9日に92歳でお亡くなりになりました。

 

アルヴィン・サージェント氏は、2度のアカデミー脚色賞を受賞しています。

 


有名な作品では 映画「ジュリア」「 普通の人々」そして、「スパイダーマン」シリーズなどがあります。

 

スポンサーリンク

死因や病名は?なぜ死去?

 


アルヴィン・サージェント氏の死因は自然死と報じられています。

 

生前に病気を患っていたかどうかはわかりません。

 

2019年5月9日に西シアトルで死去されたそうです。

 

92歳ということなので、長生きでよい人生をおくられたのではないかという印象を受けます。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

スポンサーリンク

告別式やお別れの会はある?

 

告別式やお別れの会については調べてみましたが、情報がありませんでした。

 

アメリカでは日本のような献花台がないようですし、葬儀も日本とは違いますね。

 

スパイダーマンは映画やアトラクションなどで年齢を問わず人気です。

 

亡くなられた年齢を考えると「アルヴィン・サージェントさんの人生を賛美する集い」のようなものは開かれるのではないでしょうか。

 

 

何かの形でアルヴィン・サージェントさんに感謝の気持ちを伝えたいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

スパイダーマンは映画だけでなくアトラクションでも楽しませていただいた思い出があります。

 

アルヴィン・サージェントさん、素敵な作品をありがとうございました。

 

ご冥福をお祈りいたします。