イカ不漁(2019年)の原因はなぜ?いつまで続く?理由は何か調査!

イカ不漁 2019年 原因 なぜ いつまで続く 理由 何 山口県 日本海 北海道 函館 好漁 青森 福井

山口県の日本海でイカ不漁が続き男命いか祭りのイベントが中止になるというニュースがありました。

 

2018年に続き、2019年も北海道の函館などでもイカ不漁となっているそうです。

 

イカ不漁の原因はなぜ理由は何で、いつまで続くのでしょうか?好漁の地域はどこかも調べてみました。

スポンサーリンク

イカ不漁(2019年)でイベントが中止!

 

 

山口県沖の日本海でとれる美味しいイカが不漁で困っているそうです。

 

2019年9月29日に山口県萩市の漁港で「男命いか祭り」が開かれる予定でしたがイベントが中止となっています。

 

男命いか祭りを楽しみにしていた人は多いと思いますし、生活がかかっている漁師さんにとっては不安なことですよね。

 

イカ祭りが中止になるのは残念ですね。2019年にイカが取れない原因は何なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

イカ不漁(2019年)の原因はなぜ?

 

 

2019年はなぜイカ不漁になったのか、原因や理由は何か調べてみました。

 

イカ不漁の原因は水温が関係しているのかもしれません。

 

2019年は猛暑の関係か、水温が28度の日もあるそうですよ。

 

なぜイカが不漁なのかというと原因は海水の温度が高すぎるからということですね。

 

こんなにイカが不漁なのはめったにない記録的なことだということです。

 

はやく海水の温度が下がって、イカが獲れるようになってほしいなと思います。 

 

スポンサーリンク

イカ不漁(2019年)は北海道の函館でも!

 

 

日本海のイカ不漁について調べていると、2019年は北海道の函館でもイカ不漁が起きているという情報がありました。

 

新鮮な魚介類がうりの函館ですが、 「函館いか祭り」のイベントをも困ってしまいますよね。

 

イカの販売価格やイカを使った丼なども値上げする予定だということです。

 

ちなみに北海道でイカが不漁の原因は、水温がいつもより低い状態が続いているので北海道までイカが移動してこないのではないかということです。

 

イカの水温は熱くても冷たくてもだめでデリケートな魚介ですね。アオリイカの水温は20度前後がよいそうですよ。

 

スポンサーリンク

イカ不漁(2019年)はいつまで続く?

 

 

 イカが不漁で価格が上がると困ってしまいます。イカ不漁はいつまで続くのでしょうか?

 

例年通りなら8月~9月にかけて美味しいイカが取れるそうなのですが、2019年は9月になってもイカの量が少ないそうです。

 

山口県の日本海や北海道の函館のイカ不漁がいつまで続くのか調べてみましたが、漁港の人でもわからないそうで、不漁がいつまでか見つけることができませんでした。

 

水温は自然の変化なので、適温に戻ってイカが取れるのを待つしかなさそうですね。

 

スポンサーリンク

イカ不漁なのに、2019年に好漁な地域もある!?

 

 

山口県や北海道の函館ではイカ不漁で困っていますが、ほかの地域では好漁のところもあります。

 

2018年はイカ不漁だった青森県の近くではスルメイカがたくさん取れています

 

好漁の原因は北海道の水温が冷たいので、イカが北海道に移動せず青森の付近で止まってしまうからだそうです。

 

福井県でもイカが好漁というニュースがあります。

 

イカが好漁の原因は、北海道の水温が低いので移動せず福井県のあたりに来ているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 


2019年は山口県の日本海や北海道の函館でイカが不漁になっています。

 

イカ不漁の原因は猛暑のため水温が高すぎるからではないかと言われています。

 

北海道でもイカ不漁が続いていて冷凍イカを代用する事態になっているということ。

 

はやくイカが取れるようになってほしいですね。