【話題】千葉雄大と成田凌が似てる!インスタ画像≫

スタグフレーションとは何?簡単にわかりやすく原因や対策をまとめてみた

スタグフレーションという言葉、聞きなれないワードです。

スタグフレーションとは何なのでしょうか?

原因や対策はあるのでしょうか?

簡単な言葉でわかりやすく、テレビの内容をまとめてみました。

スポンサーリンク

 

スタグフレーションとは何?簡単にわかりやすく説明

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために、世界や日本でも経済政策が行われていますね。

その過剰ともとれる経済政策が『スタグフレーション』の発生を招くと心配されているそうです。

テレビでは

スタグフレーションとは、『不況下で起こるインフレのこと』と説明していました。

わかりやすく簡単に言うと、

不況のときは国民が買い物を控える傾向にあります。

買い物を控えると商品が余ってくるはずなのですが、それ以上に物が不足してしまうと

少ない商品の価格が上がってしまい、物価が上昇するという結果を招いてしまう。

㊤のようなことが、スタグフレーションと言われる現象なんだそうです。

 

スポンサーリンク

スタグフレーションの原因は?

なぜスタグフレーションが心配されているのかという理由は…

経済対策として金融緩和をすることは『緊急時の輸血』のような効果があるそう。

政府が現金を支給してくれたり金利が下がったりすると、会社や家計は助かりますね。

しかし物を作る分野で部品などの不足が起きている場合、

(コロナでいうと、中国の工場がストップして部品が輸入できない)

そもそも、物を作ることができない状況になってしまいます。

商品が供給されなくなると、それが原因で物価が上昇することになり。

『お金があるのに物がない』という状態で、スタグフレーションが起きてしまうというわけです。

 

スポンサーリンク

スタグフレーションにならない対策とは?

スタグフレーションにならないために、対策とはあるのでしょうか?

  • 目先のことだけではダメ
  • 将来的に日本の産業をどうするのか
  • テレワークの環境が整ったら、次にそれをどうするか考えたほうがいい
  • 日本の自給率を高めるようにしたほうがいい
  • 観光客に頼り過ぎていたので見直しが必要

テレビでは今の日本について、㊤のようなことを言っていました。

スタグフレーションにならないために、世の中・社会の見直しが大切なようですね。