田辺聖子のお別れの会はいつ?場所や日程を調べた

作家の田辺聖子さんが死去されたというニュースがありました。

 

告別式は親族で済まされたそうですがお別れの会はあるのでしょうか?

 

いつお別れの会があるのか日程や場所を調べてみました。

スポンサーリンク

田辺聖子のプロフィール

 

 

田辺聖子さんのプロフィールを簡単に紹介します。

 

  • 生年月日 1928年3月27日
  • 出身地  大阪府大阪市
  • 職業   作家
  • 学歴   樟蔭女子専門学校(現大阪樟蔭女子大学)国文科卒

 

田辺聖子さんは、日本の小説家で第50回芥川龍之介賞など数多くの文学賞を受賞されています。

 

また文化勲章の受章者でもありとても立派な有名な作家さんです。

 

田辺さんの作品からは元気をもらったという読者も多いです。

 

私もその一人で、田辺聖子さんの小説にはユーモアがあり、読んでいて楽しかった記憶があります。

 

田辺聖子さんは恋愛小説や歴史小説だけでなく随筆や評伝も書かれていたようですね。

 

代表的な作品には、1964年『感傷旅行』、1981年『姥ざかり』、1993年『ひねくれ一茶』…など紹介しきれないくらいの作品を残されていますね。

 

田辺聖子さんの経歴や作品については「田辺聖子の現在までの経歴や近況やおすすめのエッセイ・小説を調べた」の記事にも書いているのでぜひ読んでください。

 

スポンサーリンク

田辺聖子のお別れの会はいつ?日程や場所を調査

 


田辺聖子さんは2019年6月6日に神戸市内の病院で死去されたようです。

 

死因は総胆管結石による胆管炎だったとのことですね。

 

告別式は親族ですでに終わっているとのことです。

 

喪主は弟の田辺聰(あきら)さんだったようです。

 

お別れの会は、東京と大阪で開催するという発表がありました。

 

有名人のお別れの会は、通常なら告別式から1~2カ月以内に開かれることが多いです。

 

ただ、田辺聖子さんほどの有名な人なら、訪れるファンも多いと思います。

 

広い会場が準備でき次第の開催になりそうですね。

 

また今から1~2カ月すると夏の暑い時期になってしまいます。

 

田辺聖子さんのファンは年配の方も多いと思います。

 

熱中症の危険も考えると、時期は遅くなりますが涼しくなる秋にお別れの会を開催する可能性もあるかもしれませんね。

 

 

2018年8月に亡くなられた「ちびまるこちゃん」の作者さくらももこさんのお別れの会は11月に「ありがとうの会」という名前で開かれました。

 

場所は東京の青山葬儀所でした。漫画家やアニメ関係者など約1千人が参列したようです。

 

東京で有名人のお別れの会が開かれるときは、青山葬儀所が多いようですね。

 

弔問客が訪れやすい場所であることや、昔から有名人の葬儀を多く行っているので慣れているということもあるようですね。

 

お別れの会の場所はまだ未定ですが、田辺聖子さんのお別れの会も有名な場所で開かれるのではないかと思われます。

 

今のところ、「東京と大阪でそれぞれお別れの会を開く予定」ということで、それ以上のことはわかっていません。

 

田辺聖子さんの「お別れの会」に関しては、今後ニュースやホームページでの発表を待ちたいですね。

 

田辺聖子さんのことについては「田辺聖子の現在までの経歴や近況やおすすめのエッセイ・小説を調べた」の記事にも書いているのでぜひ読んでください。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

有名な作家の田辺聖子さんが死去されたというニュースがありました。

 

死因は総胆管結石による胆管炎だったそうです。

 

91歳という年齢で、数々の賞を受賞されているので、震災などのご苦労もあったようですが素敵な人生を歩まれたのではないかという印象を受けます。

 

今後予定されているお別れの会は盛大に行われそうですね。

 

田辺聖子さんのご冥福をお祈りいたします。