『天気の子』対象年齢は何歳から?制限や映画の内容は小さい子供でも大丈夫?

新海誠監督の最新作『天気の子』の映画を見てきましたが、公開初日からかなり話題ですね!

 

夏休みに子供連れで映画を見に行こうかなって思うパパやママも多いのではないかと思います。

 

『天気の子』は年齢制限はあるのか、何歳から見られるか、内容的に小さい子供が見ても大丈夫なのか紹介しますね。

スポンサーリンク

 

『天気の子』の年齢制限はある?

 

 

新海監督の『天気の子』はおもしろいと話題になっているので、夏休みに子供を連れて行こうかなって思いますよね。

 

でも映画の内容が怖かったり、子供にみせたくないものが出てきたりするなら・・・

 

子連れで行くのはやめようかな~とかも考えますよね。

 

私が調べた限りでは、『天気の子』はとくに年齢制限はないようです。

 

MEMO
ただ、東京都条例などで定められた23時以降に終わる映画は、保護者同伴でも18歳未満は入れないという通常の規則はあるので注意です。

 

スポンサーリンク

『天気の子』の対象年齢は何歳から?

 

『天気の子』は何歳から大丈夫かというはっきりした年齢は明確ではなく、個人差があるかなと思います。

 

新海誠監督は少年マガジンのインタビューの中で「思春期の人に向けて作品を作っている」と語っていました。

 

なので、

 

一番のターゲットは、思春期の10歳~20歳前半くらいをメイン対象として作られているのということかな?

 

新海監督は

「『天気の子』も思春期の人たちに見てほしい気持ちはあるのですが、通り過ぎちゃった人たちにも見てほしいと思っています。」

とも語っています。

 

スポンサーリンク

『天気の子』の内容は小さい年齢の子でも大丈夫か?

 

 

 

『天気の子』は小さい年齢の子は楽しめないのか?というと、個人的にはそんなことはないと思います。

 

過激かなと思うシーンもありますが・・・

子供向けのアニメもドキドキするシーンありますよね。

 

名探偵コナンや、戦隊ヒーローのレンジャー系、プリキュアなどでも過激では?と感じるシーンは出てきますよね。

 

ディズニーやジブリ映画などにも、いろいろな場面がありますよね。

 

天気の子の映画では・・・

 

大雨の音や雷の音が結構大きいです。

 

陽菜の、きわどい!?と思うシーンがありますが、ぼやけてます。

 

新海監督いわく「15分おきに笑えるところを作っている」そう。

 

時々猫やかわいいキャラクターが出てきて飽きないストーリーとなっています^^