台風28号(2019年)はいつ来る?進路予想図はあるか調べた

ニュースを見ていると、台風28号が発生したという情報が出ていました。

 

2019年11月は台風が6個発生しているというので驚いてしまいます。

 

次の台風28号「カンムリ」はいつ来るのか、名前の由来、台風の進路予想図や大きさも調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

台風28号が発生したのはいつ?大きさは?

 

台風28号は26日の午前中にマリアナ諸島の近くで発生しました。

 

マリアナ諸島の近くいうと、まだ日本からは離れている南の方ですね。

 

26日9時の情報では、台風28号の大きさは中心の気圧が1000ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速が18mとなっています。

 

最大瞬間風速は25mというので台風28号は風が強そうですね。

 

スポンサーリンク

台風28号はいつ来る?進路予想図は?

 

今年はよく台風が発生する年ですよね。11月だけで6個発生しているというので驚いてしまいます。

 

今度の台風28号の進路予想図は出ているのかなと気になって調べてみました。

 

 

現在の進路予想図では、まだ台風28号がいつ日本に来るのかというのは確認できませんね。

 

台風はこのままフィリピンの方に進んで日本には近づかないという情報もありますが、途中で進路が変わる台風もありますよね。

 

本州のほうは大丈夫でも、沖縄のあたりは影響を受けるかもしれませんよね。

 

こまめにニュースの進路予想図の情報をチェックしたほうがよさそうです。

 

スポンサーリンク

台風28号「カンムリ」の名前の由来は?

 

台風が発生すると色々な名前が付けられて話題になりますよね。

 

台風28号は「カンムリ」いう名前がついているそうですよ。

 

「カンムリ」名前の由来は、星座のかんむり座から来ていて日本が提案した名前ということです。

 

MEMO

ちなみに…2019年11月に発生した台風は下のような名前がついています。

 

23号は「ハーロン」、24号「ナクリー」

26号「カルマエギ」、25号「フンシェン」

27号「フォンウォン」

 

台風の名前は140個くらい準備されていて、発生順から名づけられていくそうです。

 

いろいろな名前があるのですね。

 

数字だけより名前がついているほうが覚えやすくてよいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

2019年11月に6個目の台風28号が発生したというニュースがありました。

 

日本には台風28号の影響はない見込みということですが、進路が変わることもあるかなと思うので今後の情報に注意したいですね。

 

また情報があれば追記したいと思います。