渡哲也の若い頃の画像!昔のエピソード&20代ドラマ作品の写真も紹介

渡哲也 若い頃 画像

俳優の渡哲也さんは若い頃から数々の作品に出演されています。

渡哲也さんが若い頃のドラマ『西部警察』はとても有名&人気で、近年スペシャルも放送されたほどです。

今回は、渡哲也さんの若い頃とは?という部分から!

20~30代に出演した代表作品・ドラマの画像など探してみたので紹介しますね。

スポンサーリンク

渡哲也の若い頃の画像!20代デビュー当時の映画『暴れ騎士道』など

渡輝也さんの若い頃の画像を見てみましょう。

こちらは1965年の日活映画『暴れ騎士道』の画像ですね。

暴れ騎士道はデビュー作なので24歳くらいの画像ですね。

年を重ねてもかっこいい渡哲也さん。

石原裕次郎さんとの貴重なツーショットです。

スポンサーリンク

過去のインタビューで渡哲也さんは、

デビュー当時の石原裕次郎さんの存在について『雲の上のような存在だった』と語っていました。

渡哲也さんは、若い頃から石原裕次郎さんに憧れていたようです。

こちらは22歳のときの渡哲也さんの画像だそうです。

目が大きくて優しそうなイケメン!若い頃からかっこいいことがわかりますね。

かなりモテていたでしょうね。

⇒【楽天市場】渡哲也のDVDはこちら

 

スポンサーリンク

渡哲也の若い頃の画像!30代前半『勝海舟』『大都会』に出演

若い頃の渡哲也さんはNHKの大河ドラマにも出演しています。

大河ドラマ『勝海舟』は 1974年の作品なので、渡哲也さんが33歳ごろの画像ですね。

MEMO
大河ドラマ撮影中、渡哲也さんは肋膜炎という病気になり入院しました。

肋膜炎とは肺の外部を覆う膜に炎症が起きる病気だということです。

ドラマの撮影中に入院してしまったので、渡哲也さんは『勝海舟』では9回しか出演できず。

代役は松方弘樹さんが務められました。

『勝海舟』では萩原健一さんや藤岡弘さんとも共演していたんですね。

スポンサーリンク

こちらは30歳の渡哲也さんの画像。

30代の渡哲也さんはテレビドラマ中心の活躍でした。

1976年の「大都会」という作品も有名です。

渡哲也さんの生年月日は1941年12月28日なので、『大都会』は35歳ごろの作品となりますね。

若い頃の渡哲也さん。

本当にカッコいいですね!

 

スポンサーリンク

渡哲也の若い頃の画像!30代後半『西部警察』が大ヒット!

若い頃の渡哲也さんといえ『西部警察』が有名です。

2003年には、テレビ朝日開局45周年に合わせてスペシャルにもなりました。

西部警察は1979年から1984年までシリーズで放送されました。

渡哲也さんの役は巡査部長『大門圭介』、画像はこちら。

西部警察は国民的大ヒットとなり、渡哲也さんの代表的な作品になりましたね。

迫力のある演技が印象的です。

有名な『石原軍団』の名前の由来は、

西部警察シリーズの『大門軍団』にちなんで、所属タレントが『石原軍団』と呼ばれるようになったそうです。

 

スポンサーリンク

渡哲也の若い頃とは?エピソードもチェック!

アクション俳優としても有名で活躍された渡哲也さん。

渡哲也さんの若い頃とはどうだったのでしょうか?

幼少期~学生時代

渡哲也さんは島根生まれ。

幼少期は兵庫県や淡路島で過ごされています。

兵庫県の三田学園中・高校を卒業。

青山学院大学経済学部に入学。

大学では空手道部に所属していたそうです。

スポンサーリンク

デビューのきっかけ

若い頃の渡哲也さんは飛行機の整備士への就職を希望していたそうです。

就職試験を失敗したことが、芸能界へ進むきっかけににつながったようですね。

新人募集していた撮影所へ「石原裕次郎に会えるかも!」と、当時スターで憧れていた石原裕次郎さんを一目見ようと訪ずれました。

撮影所を訪れた渡哲也さんはそこでスカウトされました。

(このころは本名の渡瀬 道彦さんだったでしょう。)

そして1964年、渡哲也さんは日活に入社しました。

デビュー当時は、高橋英樹さんに続くスターとして華々しく注目を集めました。

MEMO
渡哲也さんは2020年8月10に肺炎のために亡くなられたと報じられています。

また改めて、渡哲也さんの若い頃の作品を観てみたいですね。

ご冥福をお祈りいたします。